2018年4月16日月曜日

社民党元代議士「日本政府は金正恩の努力を評価しろ」


社民党議員「日本政府は、東北アジアの平和のための金正恩委員長の努力を正当に評価するべき」
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1523831345/

“日本は敵対一辺倒の政策の大転換を”/太陽節記念日朝友好時局講演会
http://chosonsinbo.com/jp/files/2018/04/DSC_1795_R.jpg

金日成主席生誕106周年に際し、太陽節を記念して日朝友好時局講演会「朝鮮半島の平和と統一・日朝友好親善のために」が5日、都内で行われ、約120人が参加した。

講演に先立ち、朝鮮の自主的平和統一支持日本委員会の日森文尋議長が呼びかけ人を代表し、あいさつした。
日森議長は、北南首脳会談に向けた北南の協議や金正恩委員長の中国電撃訪問をはじめとする周辺諸国と朝鮮との関係強化が進む中、「日本政府は、東北アジアの平和のための金正恩委員長の努力を正当に評価するべき。圧力・敵対一辺倒の政策を大転換する時期に来ている」と指摘した。

フォトジャーナリスト・林典子さんの講演「朝鮮と日本―日本人妻取材を通して考える」

講演では、フォトジャーナリストの林典子さんが「朝鮮と日本―日本人妻取材を通して考える」と題して、朝鮮での取材経験を写真スライド、映像と共に紹介した。

林さんは2013年から訪朝し、朝鮮の市民や、在朝被爆者、在日同胞の帰国事業で朝鮮へ渡った日本人妻などの取材を続けてきた。この日、林さんは、宮崎出身の日本人妻、故・井手多喜子さんとの取材エピソードを紹介。「朝鮮で出会った日本人妻たちは、皆、日朝国交正常化を願っていた。私をはじめ、日本人一人ひとりが朝鮮の人々とともに積み重ねる経験こそが、日朝の顔の見える交流につながると信じて、取材を続けていきたい」と語った。

続いて、朝鮮大学校の李柄輝准教授が「南北連席会議から70年―その歴史的意義と朝鮮半島の平和・統一の行方」と題して講演を行った。

李准教授は、現在、朝鮮半島を取り巻く転換的局面は、金正恩委員長の社会主義強国構想に基づき、朝鮮労働党第7回大会(16年5月)で決定された方針とタイムテーブルを朝鮮が果敢に実行している結果であると指摘した。

(‘ё`) 巷間の意見>>
………………………………
日森文尋
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%A3%AE%E6%96%87%E5%B0%8B
………………………………

(´・Д・`) こんな人が代議士になれるのどかな時代もあったんですね。

(_ _。) 巷間の意見>>
………………………………
日本人妻ってチョンなんかと結婚してノコノコ着いて行ったバカなんだから税金使うな
………………………………

(´・Д・`) 在日が日本人を偽装しているだけだろ。

(・ω・) 巷間の意見>>
………………………………
>平和のための金正恩委員長の努力
すいませんけど、何やったのか具体的に教えてもらえませんかね??
………………………………

(´・Д・`) CIAの指示通りしゃべった。
押しかけてきたユダ金の配下を接待した。
文在寅に美女軍団を貢いだ。
おそらく妹も習近平に貢がせた。
実の妹かどうかは不明だが…。

\(`o'") 巷間の意見>>
………………………………
北朝鮮は日本人拉致はしていないと言っていた社民党が今さら日本人拉致被害者も返さないのに金正恩の努力を正当に評価すべきとどの口を開けて言っているんだ?
………………………………

(´・Д・`) 拉致問題で騒いだのは朝鮮系暴力団の右翼団体。
拉致問題の実態はヤバすぎて本ブログでも本当のことは書けません。

 


作品紹介
内容の詳細はここをクリック

御陰様で通算ダウンロード40000突破しました!御購読ありがとうございます

画像をクリックすると出版サイトに飛びます
無料お試し版もあります



northkoreaJ

 記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!
 
 人気ブログランキングへ
コメントを投稿