2016年11月6日日曜日

日産がガソリンで発電する電気自動車発売!灯油発電の方が安いのに税収問題で開発困難 

日産、ガソリンで発電する電気自動車「ノート e-POWER」を発売 外部充電不要でトップクラスの低燃費を実現
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1478223975/-

≪日産自動車は11月2日、新しい駆動方式のパワートレイン「e-POWER」搭載モデルを追加した新型「ノート」を発売した。
ガソリンエンジンで発電した電気を使用し、100%モーター駆動で走行する技術を開発。加速性向上や低燃費を実現した。
電動自動車(EV)「リーフ」に続く、新たな電動化技術を提案する。

e-POWERは、エンジンや発電機、インバーター、モーター、バッテリーなどを搭載したシステム。
発進時はバッテリーからの電力で車を動かし、バッテリー残量や車速に応じてエンジンを始動して充電する。
EVと同様にモーター駆動で走行するが、外部電力からの充電は不要。ハイブリッド車(HV)のように、ガソリン給油のみで走行できる。
 モーター駆動ならではの加速性が強み。EV開発で培った大出力モーターの制御技術を活用し、発進時の加速、
走行時の再加速ともに、反応がよく滑らかな加速性を実現した。最大トルクは254N・mと、「2リットルターボエンジンに匹敵するビッグトルク」という。

また、新しい走行モード「e-POWER Drive」では、アクセルとブレーキによる運転操作を簡単にして「ワンペダル感覚」を可能に。
アクセルペダルを戻すだけで大きく減速できるため、ブレーキペダルを踏む回数を約7割減らせるという。
燃費性能は、「e-POWER S」グレードで1リットル当たり最大37.2キロ。トヨタ自動車の小型HV「アクア」の37.0キロをわずかに上回り、小型車でトップとなる。≫

(*・ω・)ノ 巷間の意見>>
………………………………
で、
純充電池車
水素燃料電池車
ガソリン燃料電池車

どれが勝ちそうなの?
………………………………

(´・Д・`) エネルギー権益を握っているユダ金の思惑次第ですね。
実際の技術革新とは無関係なところで決まっちゃいます。

(_ _。) 巷間の意見>>
………………………………
人類は100年後もガソリン使ってるんじゃないかな
………………………………

(´・Д・`) その可能性はあります。
革新技術は全部握りつぶし。

 ( ゚ё゚) 情弱の意見>>
………………………………
1,ガソリン→エンジン→車
2,ガソリン→発電機→モーター→車
で、2のほうが燃費がいいのか?
なんかおかしいだろう?w
………………………………
それ効率悪くないか?
エネルギーを別のに変換するとロスが発生するから
それらなそのままガソリンで走った方が良い気もする
同じガソリンの量での運転でどうなんだろう?
これで電気の方が良いなら、エンジンより変換掛けてもエネルギー効率が良いとなり
エンジンは今までどれだけロスしてたんだと思うが
………………………………

こっちの方式の方がエネルギー効率良いから燃費も良いわけで
レシプロエンジンなんて、エネルギーのほとんどが熱になって逃げてくもんだよ
………………………………

(´・Д・`) 白熱電球と蛍光灯の違いですね。LEDまでには至りませんが…。

v( ̄∇ ̄)v 巷間の意見>>
………………………………
水素燃料電池車は脱落したでしょ。

リストに、バイオエタノール燃料電池車も追加して。
………………………………

(´・Д・`) 普通に灯油を使うのが一番安上がりなんだが…。
リッター55円くらいだからな。
ガソリン発電機の替わり灯油発電機を使えば良いだけの話だろ。
ちょっと車に詳しい奴なら積み替え造できちゃいそうですね。
ただしこれをやられると税金を庶民からぼったくれなくなるので政府は絶対許可しません。
もっとも、今のディーゼルカーだってちょっと改造すれば灯油で走れちゃいますが…。
よい子はやっちゃだめですよ。

 ( -д-)ノ 巷間の意見>>
………………………………
ようするにガソリン発電機を積んだ自動車ってことだ。
技術的には超シンプル。

ネックはバッテリーのコストと寿命。
充電放出の頻度がEVより多いので寿命も短いはず。
バッテリーサイズは普通のEVの半分程度らしいから、
交換コストは40万円くらいかな。寿命は多く見ても5年程度。
まあ実用的な水準。
………………………………

(´・Д・`) バッテリーの寿命を忘れてました。
やっぱディーゼルカーをあれしたほうが…。

 ヾ(^ω^) 巷間の意見>>
………………………………
ロータリーなら、安い灯油も使えるから、マツダ有利だよね。
………………………………

(´・Д・`) こらこら…。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 

人気ブログランキングへ

作品紹介内容の詳細はここをクリック
画像をクリックすると出版サイトに飛びます
無料お試し版もあります


神霊科学入門 未来紀 悟り

神霊科学入門Raakuten
miraiki2100A悟り







日本超古代史研究上・中・下

joukanchuukangekan
コメントを投稿