2013年5月14日火曜日

米国詐欺会社MRIインターナショナルに1365億円騙し取られたおバカ日本人投資家


顧客資金1300億円消失か 債権回収会社「MRIインターナショナル」、監視委が強制調査
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1366942111/-100

≪東京・千代田区に事務所を置く債権回収会社「MRIインターナショナル」(本社・米ネバダ州)が事業への投資として集めた約1300億円超を運用せず、大半が消失している疑いがあることが26日、関係者への取材で分かった。

同社は診療報酬を保険会社に請求できる権利を債権化した金融商品を扱う事業を展開。事業へ投資すれば最大年利8・5%で資金運用できるとうたい、日本の顧客約8700人から約1365億円の資金を集めていたとされる。

だが、監視委が今年に入り運用状況などを検査した際、運用の実態が確認できなかった。金商法施行に伴い、平成18年に金融商品取引業の登録を受けて以降、 関東財務局に対し、虚偽の実績を記載した事業報告書を提出し続けていた疑いがあるという。10年の同社設立当初は配当金が支払われていたが、近年は支払い が滞り、資金の多くが流出したとみられている。≫

( ゚o゚) 5000万円くらい投資してしまった連中が結構いるみたいですが、こんな胡散臭い話にほいほい金を出すものですね。

巷間の意見>>
………………………………
>事業へ投資すれば最大年利8・5%で資金運用

似たような話は、毎年ニュースになっていると思うが、
なんで、こんな詐欺丸出しに、騙されるんだ?
………………………………

(-_-) 本当に不思議ですね。

巷間の意見>>
………………………………
1300億が海外にきえたか。
ひどいな。
………………………………

(T_T) 日本が買わされた塩漬け米国債なんか130兆円。

米「MRIインターナショナル」の顧客資金消失問題に出資者「絶対安全だと説明していたのに」
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1366947113/-100

≪「絶対安全だと説明していたのに」「生活設計が崩れた」-。資金消失問題が浮上した「MRIインターナショナル」の東京都千代田区の事務所には、26日早朝から出資者らが押しかけ、一様に怒りや困惑の表情を浮かべた。

約5千万円を出資していたという世田谷区の男性(57)は、4月中に100万円以上の配当金を受け取る予定だったが、支払われなかった。25日夜に同社に 連絡したところ、同社から「トラブルはない。会員数が増えたため処理に時間がかかっている」と説明を受けたという。「『元本は絶対に安全』と説明を受けて 安心していた。そろそろ解約しようかと思っていた矢先に、なぜこんなことに…」と呆然(ぼうぜん)とした様子。≫

( ゚o゚) 騙されて気の毒ですが、こんな御仁がどうして5千万円も資産を持っていたの?

金融庁、米MRIの登録取り消し 顧客資産の大半が消失
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1366959643/-100

≪金融庁は26日、米ネバダ州に本店がある資産運用会社「MRIインターナショナル」が顧客から預かった資産の大半を消失させた疑いがある問題で、同社の金融商品取引業の登録を取り消したと発表した。

監視委が同日、顧客資産の流用など金融商品取引法違反が認められたとして同社を行政処分するよう金融庁に勧告したほか、誇大広告の疑いでMRIの日本支店(東京・千代田)など関係先などを強制調査した。≫

(T_T) 米国様の息がかかっていると不良会社でも審査フリーパスなんですね。

運用実績なし? 日本の客から1300億円を集めた「MRIインターナショナル」が大半を消失の疑い、証券取引等監視委が強制調査
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1367022223/-100

≪千葉県内に住む70代の女性。5年ほど前に脳に障害を負った妹の医療費をまかなうため、おととし12月から「MRIインターナショナル」に投資しました。 妹と半分ずつ出し合い、あわせておよそ3000万円を出資。
配当金およそ120万円が支払われましたが、1か月遅れだった、といいます。

「(配当金の遅れについては)オバマ政権下の政権の変更によって、海外送金の手続きが厳密になったと。
私が説得して介入してもらったので、妹の分は私がかぶらないといけない」(投資家の女性) ≫

(T_T) 詐欺師は笑いが止まらないでしょうね。こう次々とカモが引っかかるとは…。

MRIインターナショナル
http://ja.wikipedia.org/wiki/MRI%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%83%AB

≪2013年4月25日、日本国内の顧客から預かった資産約1300億円を運用せず、財務局にも嘘の事業報告書を提出していた疑いがあることが報道された。
少なくとも2011年以降は、米国における金融商品による運用は行なわれておらず、運用実態のないまま、集めた資金は、経営難に陥った米国の資料関係施設への融資や、一部の日本の顧客への配当や償還金に充当したと報じられた。
26日には、証券取引等監視委員会は、同社が顧客から集めた資金を他の顧客への配当金・償還金の支払いに流用したり、虚偽の事業報告書を提出するなど金融商品取引法に違反したとして、行政処分するよう金融庁に勧告したと発表した。≫

(-_-) 詐欺の手口としては比較的単純。アメリカで幽霊会社を買い取り、属国の弱みにつけ込んで審査をパスし、強引な勧誘でカモを引っかけ回した後、遁走。

詐欺会社をアメリカに仕立てる手口は今後詐欺師の間で流行りそうです。
犯人がアメリカ人や日本人とは限りませんが、英語が堪能で日本とアメリカの金融事情にそれなりに堪能な奴でしょう。
前科を調べれば足が付くかも。
外国籍だったら、通名ではなく本名を報道してもらいたいものです。

MRIインターナショナル投資詐欺と倒産 社員数の詐欺
http://funshoku.blogspot.jp/2013/05/mri-international-tousi-sagi-tousan-shain.html

≪同社は関東財務局に提出した事業報告書で、2012年12月末の米本社の従業員数を320人と記載。同社ウェブサイトでも305人としていた。しかし、 監視委の調べでは、米本社の従業員は約20人で、日本支店(東京都千代田区)の従業員約30人と合わせても50人程度しかいなかった。≫

(-_-) 50人の中でも名義貸しやアルバイターを除くと本当の社員は何人になることやら…。

≪MRI投資は社長主導 社員も投資商品で詐欺被害にあっていますが、幹部社員も親族と合わせて3億円超の投資資金を預けていたようですね。 ≫

( ゚o゚) 逃走できなかった社員は被害者づらして責任逃れ。

日本政府と一部のメディアは、MRIインターナショナルのMARS投資についての自分たちの罪をごまかそうと必死になっている?
http://yoshimoto-yoshio.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-d5d2.html

(-_-) AIJを擁護しているところが気になりますが、おおむねこの意見には賛成です。

記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!  <(_ _)>

人気ブログランキングへ

コメントを投稿