2013年5月13日月曜日

モラトリアム法終了&アベノミクス&消費増税で住宅ローン破産大量出現確実


秋から急増する住宅ローン破産 10万世帯がマイホームを失う (日刊ゲンダイ) 
http://www.asyura2.com/13/hasan79/msg/740.html

≪マイホームを強制的に取り上げられる人が急増しそうだ。3月末で「モラトリアム法」(中小企業金融円滑化法)が期限切れになり、年内だけでもローン破産する家庭が約10万世帯に達する可能性があるのだ。

09年12月から始まったモラトリアム法で、リストラや会社の倒産などで住宅ローンの支払いが滞っていた庶民も、返済猶予などの恩恵が得られた。

だが、この法案が失効した直後の4月、「配当要求終期公告」で自宅を裁判所に差し押さえられた人は、東京23区だけでも約200件。前年同月比で1割ほどの増加だ。

これからもっと深刻な事態が来る。住宅金融シンクタンク「三友システムアプレイザル」の森信愼二郎氏がこう言う。

「競売の数字ではっきり出るのは、6カ月ほど先になるでしょう。法案が終了しても、すぐに返済に行き詰まるわけではありません。これからが心配です」

マイホームを手放すまいと数カ月は持ちこたえるが、いずれはパンクしてしまうという予測だ。 モラトリアム法で返済猶予を受けていた住宅ローン債務者は、昨年9月時点で延べ23万件、支払猶予額は3兆6000億円に達する。09年に年間6万 2000件ほどだった競売件数は、この法律の施行によって年間で約1万6000件も減った。つまり、3年間で約5万世帯が自宅の差し押さえを“延命”され たことになる。だが、法律がなくなった今、今度はこの5万世帯が一気に破産する可能性が出てきたのだ。≫

巷間の意見>>
………………………………
マイホーム幻想。亭主破綻、破産、そして離婚。

一握りの金持ち層と貧乏人の層に別れるのが流れだ。

今のうちに売って市営住宅等に賃貸に移動だ。

民間賃貸より公営賃貸のほうが貧乏人には安全。

膨大な日本の借金体制はいずれ破綻する。

サバイバルや。亭主に金がなくなったら女房は逃げる。

これが現実や。
………………………………

(T_T) アベノミクスは米国様への上納金作りですから…。
市営住宅は既に特殊既得権者が占有しています。

巷間の意見>>
………………………………
サラリーマンの給料が上がらない、ただでさえ低いのにマイホームを持とうとしているバカリーマン連中。

理想よりも現実を見たほうがいいぞ!
………………………………

(-_-) 夫婦合わせて月収が手取りで50万円以上ないと大都市圏近郊に一戸建て住宅を買うのは無謀ですね。
親からの援助があれば別だけど…。

巷間の意見>>
………………………………
日本の住宅ローンもノンリコースにするべきだな。でないと銀行が儲かるだけ。
銀行もリスクを負うべき。庶民は賃貸を選ぶほうが賢い選択かな。
………………………………

(^_^;) 正論ですが、無理ですね。

なぜ、日本では「ノンリコースローン」が定着しないのか?
http://sumai.nikkei.co.jp/edit/twatch/detail/MMSUc2000027092011/

(T_T) 欧米の住宅ローンは住宅を放棄した段階で借金も解消するシステムが普通。
日本のように、家を手放しても借金が残るシステムは異常なのですが、厚顔無恥にやっています。
連帯保証人も日本独自の制度。
こと金融に関して、日本は世界でも例を見ないほど金に穢い国です。

巷間の意見>>
………………………………
賃貸住宅って、年寄りになってからでは貸してもらえないって現実もあるんだよね。親の遺産でもあって自前の家なら固定資産税払っても賃貸に住むよりはるか に安上がり。普通のサラリーマンが、マスコミの宣伝で、持ち家でないと一人前でないというような錯覚に陥らされているのが問題なんじゃないの。元々、国が それを奨励しているって背景があってのことだけど。安い公営住宅を提供すべきなのに、持ち家政策で土建屋をもうけさせようという政策が間違っている。
………………………………

(-_-) 住宅ローンがなければ、持ち家の方が賃貸より経費が安く済むのは当たり前。
豪邸ならば維持費もそれなりにかかりますが…。
年寄りが賃貸に新規で住めないのは事実。
一度賃貸を追われた老人はホームレスになるしかありません。

モラトリアム法終了 住宅ローンで約5万世帯が破産予備軍か (NEWSポストセブン)
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1365734518/-100

記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!  <(_ _)>

人気ブログランキングへ

コメントを投稿