2018年7月5日木曜日

ソニーがNHKが映らないテレビを発売にNHK急遽受信料検討

「NHKが映らない4Kテレビ」を7月下旬に発売 43インチ9万3000円から
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1530665211/

ソニーは業務用 (法人向け)Android 4Kテレビ「BZ35F/BZシリーズ」を7月下旬から発売します。

今年3月に発表されるやいなや話題となった、通称「NHKが映らないテレビ」。この製品、チューナーは無いので通常のテレビ放送は映りません。ただ、PCモニタやディスプレイと異なりAndroid が載っているために、Tverなどテレビアプリを導入すれば民放だけは映る代物に。

業務用とはいえ、一般ユーザーも通販で普通に購入可能。43インチが9万3000円からと、4Kテレビとしてさほど高い価格でもないのも魅力的。

本体価格は43インチが9万3000円、49インチが13万6000円、55インチが19万5000円、75インチが63万8000円となっています (いずれも価格コムでのもの)。

(ι`・ω・´)ノ 巷間の意見>>
………………………………
コレさえ設置すれば、
もう「受信料払え」というヤクザを
完全拒絶できる。
すっ、素晴らしすぎます。
感動しました。
素晴らしい。
実に。
………………………………

(´・Д・`) NHKをなめるなよ。

 (。_。) 巷間の意見>>
………………………………
大丈夫か?
sonyって反NHKなのか
………………………………

(´・Д・`) NHKのことだから最近は韓国製機材ばかり使っていた可能性があるな。

ヽ(τωヽ)ノ
………………………………
HKが泥用視聴アプリ出して終了な予感がするぞ
………………………………
\(`o'") 巷間の意見>>
………………………………
必死に弁護士に相談するNHKの回答予想


NHK放送が受信可能な機器については
受信料を徴収致します

この機器については外的因子を加えることで当該放送を視聴可能と判断しました

何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げますwww


これが回答だろほんとクソだな
………………………………

(´・Д・`) アプリを入れれば視聴可能だから受信料払え、と言う論法できそうですね。

ソニーが「NHKが映らないテレビ」を発売へ → 本当に受信料を払わなくていいのか NHKに聞いてみた結果…
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1530707335/

2018年の春先に話題となったソニーの「NHKが映らないテレビ」がいよいよ販売される見込みとなった。ソニーのホームページによれば、商品名は「液晶モニター法人向けブラビア BZ35F / BZシリーズ」とのことである。

商品の詳細については後述するが、もし本当にNHKが映らないのであれば「受信料も払わなくてもOK」ということになるのだろうか……? イマイチわからないので、NHKに問い合わせた結果を報告しよう。

■「NHKが映らないテレビ」とは?

まずは「NHKが映らないテレビ」こと「液晶モニター法人向けブラビア BZ35F / BZシリーズ」について説明したい。商品名からもわかる通り、こちらテレビではなく厳密に言えば “モニター” である。最大の特徴は「一切のチューナーが付いていない」こと、そして「Androidが搭載されている」ことの2点だ。

つまり、買ってそのままの状態ではNHKはおろか民放も映らない。ただしAndroidに対応している例えば「TVer(ティーバー)」などのアプリをインストールすれば、NHK以外の民放放送を視聴することが可能だ。これが噂の「NHKが映らないテレビ」の正体である。

※ちなみにソニーに問い合わせたところ、アプリのインストールについて「理論的には可能だが動作保証は致しかねる」とのことであった。

■NHKに問い合わせてみた

さて、本題に入ろう。確かにチューナーがないモニターであればNHKの受信は不可能だから「受信料は払わなくてもいいのでは?」とも思える。だがしかし、ワンセグにせよネット放送にせよ、受信料の徴収にはスーパー本気を出してくるNHKだけに油断は出来ない。

そこでNHKに問い合わせ「NHKが映らないテレビが発売されるそうですが、受信料を支払う必要はありませんか?」と単刀直入に聞いてみることにした。すると電話担当者はすぐに「上の者に代わります」と告げ、ちょっとエラいっぽい人が対応してくれたので、以下でやり取りをご覧いただきたい。

「お客様。お電話代わりました、〇〇と申します。引継ぎを受けたのですが、そもそも我々としては “NHKが映らないテレビ” の存在自体を初めて聞いたので、お答えのしようがございません」

──そうですか。今年春に行われたソニーの株主総会で話題になっていた商品で、2018年7月末から販売になるようです。厳密にはテレビではなくモニターで、チューナーは搭載されていないようです。

「左様でございますか。商品の詳細について存じ上げていないので、その商品についてはお答えができません」

──なるほど。では、一般論としてモニターでテレビを見ていた場合、受信料はかかりますか?

「基本的にNHKは放送、インターネットは通信です。例えば一般的なテレビやワンセグ機能付き携帯は “チューナーとアンテナ” を受信設備として見なすため受信料が発生します。そのどちらかが無いモニターは受信設備として見なしません」

──では今回の商品はチューナーが無いので受信料が発生しないということでよろしいでしょうか?

「個々の商品についてNHKとしての見解を述べることは出来ません。申し訳ありませんが、個人的な見解もNHKとしての見解も控えさせていただきます」

ハッキリと「受信料を支払う必要はない」とは聞けなかったが、一般論で言えば「液晶モニター法人向けブラビア BZ35F / BZシリーズ」はチューナーが付属していないのだから、受信設備として見なされないため、受信料は発生しないのではなかろうか?

■他のメーカーはどう出る?

ただ何度聞いても、最終的には「答えは控えさせていただく」の一点張りだったので、今回の問い合わせで「受信料は発生しない」と断定することは出来なかった。なので「じゃあ買っちゃおう!」と特攻するのは、現段階ではオススメしない。

テレビではなくモニターであるものの、物理的に「NHKが映らないテレビ」として機能する商品が開発されたことは、視聴者にとって選択の幅が広がったと言っていいハズだ。他のメーカーも追従するのか? そしてNHKはどう対応するのか? 注目したい。

(・ω・) 巷間の意見>>
………………………………
NHK出版とかは株式会社だけどNHK本体とはどんな関係なんだろ
NHKのコンテンツを利用した商売の利益はNHKにフィードバックして、受信料引き下げの努力をすべきだと思うけど
………………………………

(´・Д・`) NHKはこういう営利事業で莫大な儲けを出しているので、国営化に難色を示しているんだよ。

(‘ё`) 巷間の意見>>
………………………………
NHK「実は映るようになりました」

ソニー「売った当初は映らなかった」

購入データ地引網で浜に打ち上げられたNHKアンチ

ソニー「次の映らないテレビを開発中」

日本人のマヌケさってもはやコントやね
………………………………

(´・Д・`) グルの可能性もあるな。

ヽ(τωヽ)ノ 巷間の意見>>
………………………………
ワンセグチューナーをUSB端子に付けたらNHK視聴できちゃうんちゃうん?
………………………………

(´・Д・`) チューナーを付けたら普通のテレビだからNHKは大いばりで受信料請求だろ。

作品紹介
内容の詳細はここをクリック

御陰様で通算ダウンロード40000突破しました!御購読ありがとうございます

画像をクリックすると出版サイトに飛びます
無料お試し版もあります



northkoreaJ

 記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!
 
 人気ブログランキングへ

コメントを投稿