2018年6月23日土曜日

自民・穴見陽一相談役の「ジョイフル」は肺癌高リスクのファミレスだった!

自民・穴見陽一議員のヤジ 相談役をしている「ジョイフル」にもクレームが なお、ジョイフルの完全分煙は4割強
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1529707559/

自民党の穴見陽一衆院議員(48)が、受動喫煙対策を訴えた団体代表に「いい加減にしろ!」と国会でヤジを飛ばし、自らが相談役をしているファミリーレストラン「ジョイフル」に苦情が殺到している。

ジョイフルは、J-CASTニュースの取材に対し、「会社の見解ではない」と説明した。穴見氏は議員サイト上で謝罪する事態になった。

■肺がん患者団体代表が国会で意見を述べた直後にヤジ

「原則としては、屋外でもなるべく吸ってほしくないのが、肺がん患者の気持ち」。日本肺がん患者連絡会の長谷川一男理事長(47)は、受動喫煙対策を盛り込んだ健康増進法改正案を審議する2018年6月15日の衆院厚生労働委員会で、参考人としてこう意見を述べた。

長谷川氏は、それではどこも吸うところがないと喫煙者が言うのも理解できるとしたが、次の瞬間にこんなヤジが飛んだ。

「いい加減にしろ!」

衆院サイトのネット中継動画を見ると、低い声で誰かがこう叫んでいるのが聞こえる。長谷川氏がさらに、屋外の喫煙所を作ったとしても、一時的なもので、数年後にはなくしていければいいと個人的に思うと述べると、また低い声で「いい加減にしろ!」のヤジが飛んだ。

穴見氏がこのヤジを飛ばしたと、21日になってBuzzFeedなどのメディアで報じられると、ツイッター上などでは、穴見氏への非難の声が次々に上がった。穴見氏が九州を中心に店舗展開するジョイフルの社長を長く務めたことから、ジョイフルへの風当たりも強くなっている。

「大分1区の人たちはこんな人を選んだのか?」「ジョイフルもボイコットすべき!」などと炎上状態になり、ジョイフルが5割強の店舗で、禁煙エリアと喫煙エリアの空気が遮断できていないことに批判の目も向けられた。

■法案成立ならジョイフルも「全面禁煙」へ

穴見陽一氏の大分事務所は6月21日、J-CASTニュースの取材に対し、「ジョイフルには行かない」「議員辞めろ!」などとクレームの電話が殺到していることを明らかにした。穴見氏個人は、喫煙者だという。

これを受けて、穴見氏はこの日夕、議員サイトや個人のフェイスブックで、ヤジについての謝罪文を掲載した。「参考人のご発言を妨害するような意図は全くなく、喫煙者を必要以上に差別すべきではないという想いで呟いた」と釈明したうえで、「参考人の方はもとより、ご関係の皆様に不快な思いを与えたとすれば、心からの反省と共に深くお詫び申し上げる」などとつづっている。

ジョイフルの広報室は21日、ヤジについて、「国会議員としてのもので、会社としての見解ではありません」と取材に説明した。ただ、ファミレスの客からは、今回の件で様々な意見が寄せられているとして、「きちんと受け止めて、真摯に考えていきたい」と話した。

直営店732店のうち、空気を遮断した完全分煙は4割強で、全面禁煙はまだ4店舗に留まるという。このことについて、「様々なお客さまに来ていただきたいからです」と説明したが、健康増進法改正案が国会で成立し、2020年4月までに施行されれば、全面禁煙に踏み切りたいと言っている。

(‘ё`) 巷間の意見>>
………………………………
喫煙者が集う場所として宣伝効果抜群かも
………………………………

(´・Д・`) 喫煙レストラン 清水 健太郎に歌わせろ。

\(`o'") 巷間の意見>>
………………………………
わざわざ呼んで来て貰った民間人に対して話聞く気もなく恫喝だからな
ガン患者かどうかは関係ない
………………………………

(´・Д・`) 自民党だからこんなもんだろ。

がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上
https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1529668287/

受動喫煙対策をめぐる国会審議で、“安倍チルドレン”の下劣なヤジが物議を醸している。15日の衆院厚生労働委員会で、参考人招致された日本肺がん患者連絡会の長谷川一男代表が対策強化を訴えた際、自民党の穴見陽一衆院議員(48)が「いい加減にしろ!」と罵声を浴びせたのだ。穴見氏は21日、謝罪コメントを出したが、目下、炎上中だ。

穴見氏は、自民党が政権復帰した2012年衆院選で初当選した「魔の3回生」。安倍首相の出身派閥の細田派に所属している。自らも喫煙者というからよほど頭にきたのだろうが、ステージ4の肺がんを患う長谷川氏への暴言は許されまい。常識外れなのは発言のみならず。政治資金の使途も酷いものだった。
日刊ゲンダイは、穴見氏が代表を務める資金管理団体「穴見陽一後援会」の政治資金収支報告書(14~16年分)をチェック。政治資金を自らのポケットに“還流”したかのような支出が見つかった。

■自分の政治団体から「利息」徴収

14年分の収支報告書には、後援会が08~13年に穴見氏本人から計4450万円を借金したことが記されている。国会議員が自らの“財布”である資金管理団体に資金を貸し出すことはままある。しかし、不可解なのは、後援会から穴見氏本人に「返済」とは別に「利息」が支払われていることだ。14年2月7日から12月24日にかけて、後援会は「借入利息」として計44万5000円を穴見氏に支出しているのだ。15、16年もやはり、借入利息が支払われている。

まるで“錬金術”だが、おかしな支出は他にもある。後援会は、16年11月21日と同年7月27日に「お土産用書籍代」として、それぞれ約22万円、約70万円を支出。「政治資金パーティー開催事業費」として処理されている。こちらも、なぜか支出先は共に穴見氏本人。穴見氏は同年4月に著書を発行している。まさか、本人がパーティー客贈呈用の自著を格安で手に入れ、後援会に「定価」で購入させたのか。“差額”は穴見氏のポケットに入った可能性もある。

穴見事務所に問い合わせると、22日にファクスで「収支報告書の記載内容については、現時点で調査中」と返答した。

「自らの資金管理団体から利息を取るというのは、常識では考えられません。後援会は政党支部から献金を受けているので、穴見氏本人が得た利息には一部税金が含まれる可能性もある。書籍についても、定価で買うなら普通は支出先は書店です。疑惑を持たれないためにも、穴見事務所は説明責任を果たすべきです」(政治資金に詳しい神戸学院大教授・上脇博之氏)

 やっぱり、魔の3回生は問題児だらけだ。

(ι`・ω・´)ノ 巷間の意見>>
………………………………
自分から借りた金に利息を付けるなどあり得ないだろう。
合法かもしれないが、こいつはそのようなことを他にもいろいろやっている。
選挙事務所の秘書を雇うために会社から献金をさせ、嫁を社長にして役員報酬の2重取り。
嫁はろくに仕事もせず数千万円の役員報酬。
夫婦の役員報酬と政治献金を合わせれば軽く1億を超える。
それも議員活動の資金を調達しているだけ。
今年からは夫婦そろって株式報酬までもらってやがる。
株主は、背任行為として徹底的にこいつらを叩かなければならない。
ろくに仕事もせず顧問報酬をせしめている元社長もさっさと追い出せ。
ジョイフルの株主は、配当原資として残すべき利益を身内に還流させた創業家一族を徹底的に追及すべきだ。
創業家一族にしっぽを振って、自分の報酬だけしか考えていない、赤字の会社は連結外しし、損失を隠す役員は全員解任しろ。
監査役も同罪、役目も果たせない耄碌監査役など辞めてしまえ。
福証も上場廃止にすべきだな。
………………………………

(´・Д・`) ケムに巻かれて終わりだろ。

(_ _。) 巷間の意見>>
………………………………
穴見陽一
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%B4%E8%A6%8B%E9%99%BD%E4%B8%80

株式会社ジョイフル第2代・第5代代表取締役社長。ジョイフル創業者の穴見保雄の長男。同社顧問(元社長)でアメイズ副社長の児玉幸子は叔母、現社長の穴見くるみは妻、アメイズ現社長の穴見賢一は実弟である。

一浪後入学した法政大学経済学部を3年で中退。大学時代、幸福の科学の学生部に所属。
穴見が幸福の科学信者であり、候補者として選ばれた背景には、幸福の科学の豊富な資金力と教団の選挙支援への期待があった、と報じている。

日本会議国会議員懇談会
神道政治連盟国会議員懇談会
みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会
清和政策研究会
TPP交渉における国益を守り抜く会
公益財団法人大分がん研究振興財団 理事
………………………………

(´・Д・`) がん研究振興財団理事は辞職しました。


作品紹介
内容の詳細はここをクリック

御陰様で通算ダウンロード40000突破しました!御購読ありがとうございます

画像をクリックすると出版サイトに飛びます
無料お試し版もあります



northkoreaJ

 記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!
 
 人気ブログランキングへ

コメントを投稿