2018年6月30日土曜日

安倍首相がW杯日本の時間稼ぎの戦術に激怒!「あんなに長く時間を潰すとは」

【安倍首相】サッカーW杯 「あんなに長く時間を潰すとは思わなかった。あれじゃ観客怒るよ」
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1530309454/

■W杯で史上初…日本が恩恵

イエローカードの差で救われる形となった日本だが、最後の約10分の“時間稼ぎ”ともいえる戦術には賛否両論の声が上がっている。

「西野戦術」をどうみるべきか、フォーカスする。

決勝トーナメント進出を決めた日本代表。
今回のワールドカップから導入されたフェアプレーポイントの差で決勝トーナメント進出が決まったのは初のケースになった。

一方、日本の時間稼ぎの戦術には意見が分かれている。

■日本の戦い方に賛否両論

街で話を聞くと、「攻めて2点目とられるよりはあれでよかった」「進出したことは良かったがパス回しで逃げている感があって残念」と意見が分かれる。

さらに、賛否の声は政界からも…

斎藤農水相は、「ああいう戦術をとることは逃げているようでリスクもとっている。批判もあると思うがやるべきことはやったかな」と好意的。

一方、安倍総理はけさの閣議の前に麻生副総理らと「あんなに長く時間を潰すとは思わなかった。あれじゃ観客怒るよ」などと話していたという。

■海外メディアからは好意的な報道の一方、批判も相次ぐ

また、海外の反応は、好意的な報道もある一方で、韓国メディアは「幼稚でアンフェア」「今まで粘り強く戦ってきた日本がこういうことをしたのは非常に残念」などと批判。

イギリスメディアも、試合は「バカげた形で終わった」などと報じている。

波紋を呼んでいる“西野戦術”だが、フジテレビサッカー解説の永島昭浩さんはどうみたのか?

永島昭浩:
限られた時間の中で勝負どころの残り10分。グループリーグを突破するには何が一番良いのか。その中で他力を選んだという決断は西野さんすごいなと思いました

と監督の判断を評価した。

(‘ё`) 巷間の意見>>
………………………………
バカじゃん
安倍に怒ってる国民は観客の数百倍居るわ
………………………………

(´・Д・`) 数千倍だろ。

(_ _。) 巷間の意見>>
………………………………
1996年アトランタ五輪サッカー(監督 西野)
日本はグループDでブラジルに勝利(マイアミの奇跡)、
ハンガリーに勝利、ナイジェリアに敗れて
2勝1敗で予選リーグ敗退した
その後、ナイジェリアは金メダル、ブラジルは銅メダルを取っている

ブラジルに勝ったところで予選落ちすれば意味がない
誰も実質銀メダルなどと評価してくれない
西野はそれで結果が大事だと学んだんだろうな
………………………………

(´・Д・`) 学んだと言うよりトラウマになったのでは?

\(`o'") 巷間の意見>>
………………………………
プロのくせに興行の自覚無いよな
………………………………

(´・Д・`) もう1試合テレビ中継できる方が興行的には…。

(・ω・) 巷間の意見>>
………………………………
卑怯とか汚いというのは日韓ワールドカップのように審判を買収する行為を指す
ルールの中で戦術を練った場合は頭が良かったと言うべきだな
………………………………

(´・Д・`) 韓国に言われる筋合いはないな。

ヽ(τωヽ)ノ 巷間の意見>>
………………………………
ハリルだったら予選突破は無理って言うのは、こういうことはできないっていう意味だったんだな。

よくわかりました。

結果を見れば、コロンビアが勝手にこけた試合、と引き分け。
そして負けてコロンビアのおかげで予選突破できただけw
………………………………

(´・Д・`) コロンビア様々でしたね。

作品紹介
内容の詳細はここをクリック

御陰様で通算ダウンロード40000突破しました!御購読ありがとうございます

画像をクリックすると出版サイトに飛びます
無料お試し版もあります



northkoreaJ

 記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!
 
 人気ブログランキングへ

コメントを投稿