2018年6月2日土曜日

2017年日本!出生数94万人で過去最低!死亡数は134万人で戦後最多 

人口減
https://blog.goo.ne.jp/warabidaniyuukoku/e/1d5dd26754ed92814192f25b262bf2a3

【29年人口統計】出生率1.43%(-0.0.1) 東京1.21%-沖縄1.94% 出生数94万人で過去最低、死亡数は134万人で戦後最多
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1527873734/

厚生労働省は1日、平成29年の人口動態統計(概数)を発表した。生まれた子供の数(出生数)は94万6060人と過去最少で、2年連続で100万人を割り込んだ。女性が生涯に産む子供の推定人数を示す「合計特殊出生率」は1・43で、前年を0・01ポイント下回り2年連続のマイナス。少子化や人口減少に拍車がかかっている。

出生数は前年比で3万918人減少した。明治32(1899)年に統計をとり始めて以降、100万人割れは平成28年に続いて2年連続。昭和24年の269万6638人をピークに、50年以降は増減を繰り返しながら、減少傾向にある。

母の出生年齢別(5歳階級)では、45歳以上が唯一増加。40歳以上の出生数は約5万4千人で、晩産化も進む。今後、出産世代とされる15~49歳の女性人口が減少することから、出生数はさらに減っていくことが予想されている。

出生率の都道府県別では、前年と同様、最も低いのが東京の1・21、最も高いのは沖縄の1・94だった。

一方で、死亡数は134万433人(前年比3万2685人増)で戦後最多。死亡数から出生数を差し引いた人口の自然減は39万4373人で、過去最大の減少幅となった。前年の減少幅は33万770人で、人口減少も加速化している。

婚姻件数は60万6863組(同1万3668組減少)で戦後最小、離婚件数は21万2262組(同4536組減少)。平均初婚年齢は夫31・1歳、妻29・4歳で、前年とほぼ同年齢だった。


(‘ё`) 巷間の意見>>
………………………………

『“ジェンダーフリー教育”は子孫を残すために必要な行動に支障が出る恐れがある』

フェミニストは男女の性差は社会的な役割分担によって“後天的”に「作られたもの」だと主張している。
「心理面について男女の間には全く違いはない」、『男らしさ』『女らしさ』を“否定” しようとする思想である。

その思想に従って、いま学校の中で女教師を中心に『ジェンダーフリー教育』が押し進められている。

もし、「男の子らしい性質」と「女の子らしい性質」とが生得的だとしたら、「ジェンダーフリー教育」は子どもの心に不自然な歪みや葛藤を与えはすまいか?
こういう重大な問いかけは、今の日本ではまったくと言っていいほどなされていない。

こうした“男女無区別主義”は恐ろしい弊害を生む危険がある。 男女の区別をしないと、 子供たちのアイデンティティーが健全に作られない、つまり自我が正常に発達しないからである。

中でも、自分は男または女だという自己意識はアイデンティティーの基礎であり、たいへん重要である。
これが揺らいで定まらないと性同一性障害だけでなく、自我そのものが健全に形成されない恐れが出てくる。

さもないと、異性との関係がうまく作れないとか、セックスがうまくできないとか、同性愛に傾くとか、
要するに生物として子孫を残すために必要な行動に支障が出る恐れがあり深刻である。

実は、しばらく前から脳科学の専門家たちが、「男女の心理的性差には生得的な部分があり、 それを無視するのは危険だ」とフェミニズムに対して“警告”を発しているのである。

いまの社会では、「子どもを性の区別なく育て、男女はまったく同じだ」と教えている。こういう教育は、
長い人類の歴史でも過去に例がない。これでは、人間関係や結婚生活が破綻するのも当然だろう。
男女を同じ者と見なす考え方は危険が一杯だ。脳の配線が異なる男女に、画一的な行動を押付けているのだから。

【元東京女子大学 文理学部 教授 日本ユング研究会 会長 林 道義】 
http://www007.upp.so-net.ne.jp/rindou/kyouiku9.html

………………………………

(´・Д・`) 米国様による日本人絶滅計画の一環ですから。

(_ _。) 巷間の意見>>
………………………………
『少子化の原因は憲法24条による“結婚しない自由”だった』

少子化はいくつもの要因が複雑に絡み合って起こるが、『未婚・晩婚化』が大きな理由だ。

国立社会保障・人口問題研究所は2035年の生涯未婚率は、男性29・0%、女性は19・2%に達すると予測している。

なぜ、未婚・晩婚は進んだのだろうか?
ここにも、占領期に連合国軍総司令部(GHQ)が仕掛けた「人口戦」の影が及んでいる。

日本人の結婚や出産に対する価値観を決定的に変えたのは、昭和22(1947)年施行の日本国憲法で、 「婚姻は両性の合意のみに基いて成立」とした24条だ。

戦時中の「家制度」の下では、結婚は家と家の結びつきであり、戸主が結婚相手を決めることに疑問を持つ者は少なかった。

ところが、憲法24条によって誰と結婚するかが個人の判断となると、『結婚しない自由』が当然のように語られるようになり、行き過ぎた“個人主義”ともつながった。

家族を「個人」の集合体と考える人たちの登場は、現在の未婚・晩婚と無関係ではなく、少子化にもつながっている。

こうした価値観の変化は、戦時中の「産めよ殖やせよ」政策への批判にもつながった。

国民の反発を恐れた国会議員や官僚は、出生数減の危機を知りながら結婚や出産の奨励政策に及び腰となり、少子化対策は後手に回ったのである。

日本は戦後70年を経てもなお、GHQの仕掛けた「人口戦」の呪縛にある。
一刻も早く現在の少子化の流れを断ちきらなければ、日本人は“絶滅”の危機を脱することはできない。

【『戦後70年、いまだGHQの呪縛 日本の少子化は“人災”だった』(『産経新聞』論説委員 河合雅司)】
 http://www.sankei.com/premium/news/160209/prm1602090007-n1.html 
………………………………

(´・Д・`) 産経のくせにまともな記事を書いているぞ。

\(`o'") 情弱馬鹿の意見>>
………………………………
格差社会にしすぎた天罰。政財界の人間は、本気で対策を考えよ。
………………………………

(´・Д・`) 本気で日本人を絶滅させる気なんだよ。

(・ω・) 巷間の意見>>
………………………………
・消費税導入する
    ↓
・氷河期世代出現させる
    ↓
・在留外国人増加させる

この30年近くの、
この国の上にいる連中のやって来たこと見てると、
国を富ませるどころか逆に疲弊させることばかりやって来てるのよね。
こんだけ先を見る目のない連中が牛耳ってる国が持つわけないってw

もうね、自分の身は自分で守れるようにやって行くしかありませんてw
上でふんぞり返ってる連中は守ってはくれませんよw
   
………………………………

(´・Д・`) この間に政財官マスゴミは朝鮮人が成りすましました。

ヽ(τωヽ)ノ 巷間の意見>>
………………………………
前年比3万人減だぞ 10年で30万人も減るのか じゃ10年後の出生数は60万人かよ
誰だよ 非正規なんてもの作った政治家は
………………………………

(´・Д・`) だから、日本人を滅ぼして、移民を呼び込むためです。


(ι`・ω・´)ノ 巷間の意見>>
………………………………
一方のトランプアメリカは4%成長行くかと言ってるぞ
自由貿易自体が嵌め込みなんじゃないのか トランプ1年目で3%成長2年目で4%って本当かよ うらやましい
………………………………

v( ̄∇ ̄)v 巷間の意見>>
………………………………
トランプ大統領「もし北朝鮮が非核化を受け入れた場合、日本などが経済支援を行う。米国は支出しない」

https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1527895767/-100
……………………………

(´・Д・`) ということなんです。



作品紹介
内容の詳細はここをクリック

御陰様で通算ダウンロード40000突破しました!御購読ありがとうございます

画像をクリックすると出版サイトに飛びます
無料お試し版もあります



northkoreaJ

 記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!
 
 人気ブログランキングへ

コメントを投稿