2018年5月11日金曜日

言論弾圧国家ドイツ!ユダ金扇動のホロコーストを否定すると懲役刑


【ドイツ】89歳の「ナチスばあちゃん」がホロコースト否認で禁錮2年を言い渡されて行方をくらますも逮捕される
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/news5plus/1525954601/

第二次世界大戦中にナチス・ドイツが行ったユダヤ人の大量虐殺・ホロコーストを何度も否定しては有罪判決を受け続け、
マスコミから「ナチスばあちゃん」と呼ばれる89歳のドイツ人女性が、禁錮2年の判決を下されていたにも関わらず、
収監直前になって行方をくらませたために逮捕状が発布され、現地時間2018年5月7日に逮捕されました。

「ナチスばあちゃん」ことウルスラ・ハーバーベック受刑者は1928年にドイツで生まれ、
1970年に国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の創設メンバーの1人と結婚しました。
ハーバーベック受刑者は環境保護活動に携わる傍ら、ドイツの右翼過激派の運動を支援したり、
右翼の教育センターを共同設立するなどといった活動を行っていました。

ハーバーベック受刑者は「ナチス・ドイツによるユダヤ人の虐殺はなかった」と主張するホロコースト否認論者で、
ユダヤ人虐殺を否定し、ナチスを正当化するような論文を発表し続けました。
ドイツでは公衆の面前でホロコーストを否定すると「民衆煽動罪」として最高で懲役5年の刑に問われます。
ハーバーベック受刑者はホロコースト否認論を発表しては罰金を科されるということを繰り返していたため、
ドイツのメディアに「Nazi Oma(ナチスばあちゃん)」と呼ばれるようになりました。

度重なる罰金刑にもかかわらず、なおも雑誌などでホロコースト否認論を繰り返すハーバーベック受刑者は、
2015年にとうとう起訴されました。裁判でも「ナチスによるユダヤ人の虐殺はなかった」という証言を繰り返しましたが、
前述の「民衆煽動罪」により、禁錮10カ月の判決が下りました。ただし、この時点では収監されませんでした。

それでもなおハーバーベック受刑者は活動をやめず、
2016年に「アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所では虐殺は行われていなかった」と主張する手紙を政治家に送ったとして、
8カ月の刑期が追加されました。「それでもアウシュヴィッツでは虐殺は行われていないのです」という受刑者の訴えを、
裁判所は「事実を受け入れることができない人と議論しても意味がありません」と受け流したとのこと。

2016年に行われた裁判の直後、ハーバーベック受刑者は判事や検察、弁護士に自身の主張をまとめたパンフレットを配布。
また、2016年1月にベルリンで開催された集会に参加し、
「ユダヤ人虐殺は事実ではなく、アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所の毒ガス室も作り話だ」と主張しました。
この結果、さらに刑期が6カ月追加されて、禁固刑は合計2年となりました。

3年にわたって、健康を理由にした減刑の申し立てや上訴により収監を逃れてきたハーバーベック受刑者ですが、2018年2月、チェレ高等裁判所が上訴を棄却し、禁錮2年が確定しました。

収監予定日は2018年5月2日でしたが、ハーバーベック受刑者が出頭しなかったため警察が自宅を調べたところ、
玄関前に郵便物がたまっており、行方不明となっていることが判明。検察は逮捕状を請求。
ハーバーベック受刑者は2018年5月7日に帰国したところを逮捕されました。

ハーバーベック受刑者を逮捕した警官は「89歳という年齢にも関わらず活発的な女性が、
そのエネルギーを使ってホロコースト否認論というナンセンスを広めるのは嘆かわしい」とコメントしています。

\(`o'") 巷間の意見>>
………………………………
反対論者が出す主張に適切に反論できるからこそ、その主張は強くなる。
反論を取り締まれば、語られなかった反論は否定されないまま残る。
反対を禁止された主張など正しいと考える理由はどこにもない。
仮に証拠が客観的だと仮定しても、その解釈・意義・判断は多様にありうる。

残念ながらヨーロッパやイスラエルでこのような不当な弾圧が続けられる限り、
「ホロコーストが存在した」と認める事はできない。
無論存在しなかったと断言する理由もないが、正しくは「現状では検証が不十分」だ。
誰の口を塞ごうがそれは変わらない。
愚かしい事だ。
………………………………

(´・Д・`) ユダ金大威張ですね。

(_ _。) 巷間の意見>>
………………………………
戦争に負けるとこうなる。
………………………………

(´・Д・`) 原爆を落とされる前にクーデターを起こしてA級戦犯を殺しておけばよかったですね。
そうすれば戦勝国でした。

(‘ё`) 巷間の意見>>
………………………………
 ↓2つのアメリカが存在の証拠
GHQ 日本占領アメリカ軍に GSとG2の組織あり 1945年
GS ユダヤ背乗りアメリカ → 日本共産化を計画
  → 共産党員を釈放
G2 アメリカ マッカーサー

GS vs G2の戦いが日本であった
GSが勝っておれば → 共産日本が誕生していた
………………………………

(´・Д・`) そういうシナリオもありました。

(・ω・) 巷間の意見>>
………………………………
明確な証拠ないからな、ガス室の本は著者がたしか
嘘ついてたはずだしな
まあ、レイプ犯は捕まえないのに、
この老婆は捕まえるんだな。明確な事実もないのに
すべてをナチスのせいにして、今も昔もドイツ人は
こんなもんか
………………………………

(´・Д・`) ナチスが悪くて自分たちは被害者という立場。

(ι`・ω・´)ノ 巷間の意見>>
………………………………
なななか骨のある立派な婆さんだ
普通は脅迫に負けて真実を語るのをあきらめてしまう

1994年、東西統一後のドイツで「アウシュヴィッツの嘘」発言処罰法案が議会に上程され、
最高5年の禁固刑で処罰する民衆扇動罪 (第130条)の刑法改正は
1994年9月23日に成立した
それまではきちんとしたホロコースト否認の証言が出ていた。

1973年に元ドイツ軍中尉、Thies Christophersen ティエス・クリストファーセンは
短い回想録"Die Auschwitz Luge"『アウシュヴィッツの嘘』を発表した。
クリストファーセンは1944年の1月から12月までアウシュヴィッツから3kmの
防疫施設Rajsko の研究者として勤務していた。彼は、自分自身の経験から
「ガス室」の存在を完全に否定している。
クリストファーセンは親衛隊員ではなく
『アウシュヴィッツの嘘』の内容は、まったく政治色のないものである。

プロパガンダに満ちたニュルンベルグ史観を押し付けるための法案は
この本の題名が通称になった。
………………………………

(´・Д・`) 自称慰安婦よりは骨がありそうですね。

作品紹介
内容の詳細はここをクリック

御陰様で通算ダウンロード40000突破しました!御購読ありがとうございます

画像をクリックすると出版サイトに飛びます
無料お試し版もあります



northkoreaJ

 記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!
 
 人気ブログランキングへ

コメントを投稿