2018年4月29日日曜日

総務省が大手キャリア系以外の格安スマホを弾圧!2年縛り是正は掛け声だけ

格安スマホ、1勝2敗 総務省検討会で大手と対決
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1524433823/

総務省は携帯電話市場に関する有識者会議「モバイル市場の公正競争促進に関する検討会」の最終会合を開き、報告書をまとめた。格安スマートフォン(スマホ)事業者と携帯電話大手3社がそれぞれの立場から意見を主張し議論は平行線をたどってきたが、結論は大手3社に有利な内容となった。総務省の後押しで成長してきた格安スマホは転機を迎えそうだ。

検討会は2017年12月に第1回会合が開かれ、今回が6回目となる。これまでの会合で格安スマホ事業者が強硬に訴えてきたのが、携帯電話大手による傘下のサブブランド事業者の優遇だ。

格安スマホ事業者は大手の通信網を借りて事業を運営している。そのなかで、KDDIが系列仮想移動体通信事業者(MVNO)「UQモバイル」の通信速度を優遇しているとの疑惑が持ち上がった。

第2回の会合では「マイネオ」を手がける関西電力系のケイ・オプティコムなどが独自の調査結果を提示して疑惑を主張。昼休みにスマホを使う利用者が多く、回線が1日で最も混み合う12時~13時のピーク帯でも、他社に比べUQモバイルだけが高速での通信を維持できていたと批判した。

疑惑に対しKDDIは「回線の貸し出し条件は平等」と反論した。双方の主張は平行線をたどったが、総務省が最終的に出した結論は「大手による優遇の実態はなし」だった。格安スマホ勢の主張を退ける格好となった。

これとは別に、格安スマホ勢が強く訴えてきたのが、回線貸出料の引き下げだ。通信網を持つ大手の回線貸出料の算定方法が不透明で、不当に高額になっているというのがその主張の根幹だ。一方で、携帯大手側は、貸出料は中長期的に引き下げ傾向にあると反論していた。

総務省は今回の報告書では「透明性が確保されることが重要である」と記載するにとどめ、具体的な施策に踏み込まなかった。格安にとっては「敗北」と言える結果となった。

\(`o'") 情弱馬鹿の意見>>
………………………………
消費者にとって一番良い事は、総務省の馬鹿がしゃしゃり出てくるなよ。
優秀と思い込んでる馬鹿が余計な事をして、結果として携帯端末や通信料金を高くしてるだけだろうが。

………………………………

(´・Д・`) 各キャリアには天下りした先輩方が…。

(ι`・ω・´)ノ 巷間の意見>>
………………………………
回線貸出料安くしろは違うだろ。
まず、大手ユーザーの料金を下げろ。
………………………………

(´・Д・`) 濡れ手に粟を放棄するわけ無いだろ。

(‘ё`) 巷間の意見>>
………………………………
モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針」について

① MNO から販売店への値引き等に関する実質的な指示が行われているのであ
れば、そのような行為は指針の趣旨に反するとともに、本来自由な販売店における端末の販売価格設定を事実上拘束しようとするものであり、是正される必要がある。そのような見地から、総務省において次の取組が必要である 。

MNOから販売店に対して端末代金の販売価格やその値引き額を実質的に指示することは、業務改善命令の対象となることを明確化するガイドラインを策定する。

MNO から販売店に対してキャッシュバック等の実質的指示を行う場合には、
その原資が販売店によるスマートフォンの販売に応じて事業者が販売店に対して支払う金銭でなくても、 その金銭は「端末購入補助」に当たることを指針上明示し、行き過ぎたものについては是正を求める 。

② 総務省では、次のとおり、公正取引委員会との連携を行っていくことが適当と考えられる。

総務省が販売店による独占禁止法抵触の可能性がある事案 9を認知した場合に公正取引委員会に情報提供を行うことについて検討する 。

総務省によるフォローアップ体制への公正取引委員会の参加を求め、総務
省は公正取引委員会の実態調査に協力する 。

③ これらの取組等の中で、総務省では、端末の販売状況等を注視し、その結果に応じて端末購入補助への対応を見直していく必要がある。
そのため、インセンティブの臨時増額や端末の関連下取り等価格に関する基準値の柔軟な見直しが行えるよう、端末購入補助ガイドラインの規定を見直すことが適当である。
http://www.soumu.go.jp/main_content/000547011.pdf
………………………………

(´・Д・`) 馬鹿は読まずに諦める。

作品紹介
内容の詳細はここをクリック

御陰様で通算ダウンロード40000突破しました!御購読ありがとうございます

画像をクリックすると出版サイトに飛びます
無料お試し版もあります



northkoreaJ

 記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!
 
 人気ブログランキングへ

コメントを投稿