2018年4月19日木曜日

「ジャイアントコーン」をパクった韓国企業が他社のパクリに猛抗議していた事実判明

【朝鮮日報】 日本製品パクリ疑惑、食品大手ピングレの「二つの顔」 ~自分たちの行為は『参考』、他社の行為は『パクリ』
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1524057542/

今月5日に新製品のアイスクリーム「スーパーコーン」を発売した韓国の食品メーカー、ピングレに「パクリ疑惑」が持ち上がっています。「スーパーコーン」はピングレが100億ウォン(約10億円)を投じて4年間かけて作った製品です。

この「野心作」をめぐり、日本のグリコのアイス「ジャイアントコーン」とデザインやパッケージがそっくりだとの指摘が出ているのです。ジャイアントコーンは江崎グリコが1963年に発売したアイスで、国民のコーンアイスとも言うべき有名な商品です。

パクリ騒動が拡大すると、ピングレは「昔のピングレのコーンアイス製品のパッケージを参考にしただけで、パクリではない」とコメントを発表しました。しかし、問題になったパッケージのデザイン変更を検討するなど、騒動拡大を防ぐために問題をうやむやにしようという雰囲気です。

ピングレのパクリ騒動は今回が初めてではありません。2013年にオンエアされたたい焼き型アイスのCMは、コカ・コーラ社の2009年のCMにコンセプトが酷似しているとして物議を醸しました。また、ピングレは07年に発売した牛乳が、南陽乳業の「おいしい牛乳GT」のデザインとコンセプトにそっくりだとして提訴され、法廷闘争の末に生産を中止した「前科」もあります。

ピングレはこれまで、自社製品をまねた企業に対しては厳しい対応を取ってきたことで有名です。16年にある中小企業がピングレの代表製品「バナナ味牛乳」のパッケージにそっくりなゼリー製品を作ると、裁判に持ち込んで販売を中止させました。このときピングレは「ピングレのブランド資産を侵害するいかなる行為に対しても、断固として対応する」と明言しました。

日本の江崎グリコ側も、今回のパクリ疑惑について認識しているといいます。ある日本メディアは今回のパクリ疑惑について「日本にいいものがあれば、とりあえず取り入れて使う」というのが韓国人の発想」と報じました。「自分たちの行為は『参考』、他社の行為は『パクリ』」という態度が、国に恥をかかせているのです。

( ゚o゚)  巷間の意見>>
………………………………
朝鮮日報がまともな記事書いてて驚いてるw
………………………………

(´・Д・`) 広告料でトラブったんだろ。

(‘ё`) 巷間の意見>>
………………………………
それにしてもグリコは他社よりも被害者になることが多いみたいだな。
これが何を示唆しているのか・・。
………………………………

(´・Д・`) 狐目の男の例もあるし、朝鮮人に絡まれやすい体質なんだな。

ヽ(τωヽ)ノ 巷間の意見>>
………………………………
ポッキーにしてもグリコは韓国人を訴訟で刺激するとまた嫌がらせに遭うから腰が引けてるのかな
………………………………

(´・Д・`) 訴訟すると徹底的に嫌がらせしてきますからね。
ゴキブリを入れて商品棚に戻すとかね。

\(`o'") 巷間の意見>>
………………………………
ロッテをパクっとけ
………………………………

(´・Д・`) ロッテはパクるけどパクられると猛烈に抗議するぞ。
ロッテと関係した連中は、「あんなえげつない会社はほかにない」と呆れていた。


作品紹介
内容の詳細はここをクリック

御陰様で通算ダウンロード40000突破しました!御購読ありがとうございます

画像をクリックすると出版サイトに飛びます
無料お試し版もあります



northkoreaJ

 記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!
 
 人気ブログランキングへ

コメントを投稿