2018年4月26日木曜日

九州に9割が中国人の高校存在!大声で中国国歌

小野寺まさる「本日のNHKの「おはよう日本」の放送内容は衝撃的。日本に9割の生徒が中国人の高校が出現してしまった。しかも…」
https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1524695250/

小野寺まさるさんのツイート

本日のNHKの「おはよう日本」の放送内容は衝撃的であった。日本に9割の生徒が中国人の高校が出現してしまった。しかも、学校では中国の国歌を歌い中国人留学生にお小遣いも渡しているというではないか?この宮崎の高校には多額の国税が投入されている筈。日本は一体どうなっているのか??

▼ネット上のコメント

・全国の過疎に悩む町村が同じ事やりだしたら…ほんまに恐いですね。

・それを、あたかも普通の事のようにさらりと垂れ流すNHK 。日本の大問題ですよ。学校もNHKも絶対におかしい。

・日本には都道府県を含めて長期的戦略が無さそうだ。極めて近視眼的だ。やはり日本はおかしくなっている。英霊が聞かれたらさぞ嘆かれるだろう。自分たちの犠牲は何だったのかと。

・金渡して日本乗っ取られる!こんなばかたれな政策なとすぐにやめろ!

・労働者だけでなく生徒や学生まで外国人に依存する日本は異常だ

・国会で議題にするべき問題ですよ!犯人探しは好きではないが、ここまでなると国防の問題!中国の日本乗っ取り計画に加担している親中工作議員がいるのでは?

・宮崎県民は何をしてる?なぜ侵略戦争中に侵略者を招き入れるのか?理解不能!反日国家は敵!敵ばかりの学校にして生き残りと言えるのか?大馬◯者が!!!??

・これは文科省と自治体に意見すべきでは!あーもー!あっちも(沖縄)こっちも(北海道)そっちもかい(宮崎)!!!これ以上日本を虫食いにするわけにはいかない!

・すみっこに追いやられている日本人をみて、ゾッとした。将来の日本がああならないように、早急に手を打たねば。。。

救世主は留学生?
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180425/k10011416511000.html

日本に住む外国人は年々増え続け、256万人余りと過去最高を更新しています。
外国人が増えているのは東京や大阪などの大都市だけではありません。
NHKが独自に分析してみると、北海道や九州といった地方の自治体で急激に外国人が増えていることが分かりました。
なぜ地方で?
聞こえてきたのは「救世主は留学生」という声でした。
(旭川局記者 吉村啓/宮崎局記者 牧野慎太朗)

ここは中国!?ある私立高校では
取材に訪れたのは、宮崎県えびの市にある私立高校の入学式。

いきなり記者は驚かされました。
校長先生のあいさつは中国語で、生徒たちは中国の国歌を歌うのです。
今回入学したのは中国からの留学生167人。一方、日本人の生徒は全体でわずか16人。全校生徒の9割を中国人留学生が占めています。

この高校もかつては日本人だけでしたが、急激な少子化を受けて15年ほど前から生徒集めに苦労するようになりました。宮崎県の高校生の入学者数はこの20年でおよそ35%減少し、経営が立ち行かなくなるおそれが出てきたのです。

馬籠勝典校長は当時をこう振り返ります。
「どんどんどんどん日本人の生徒が減っていきましたね。会社でいえば倒産という事態です」
日本の大学に入りたい!留学生の熱意にかける
そこで学校が目をつけたのが外国人留学生です。

中国の長春に設立した系列校で2年間、日本語を学んだ生徒をまとめて受け入れ、1年かけて日本の有名大学に進学させる戦略に打って出たのです。
留学生の1人、尹傳淇さんは、日本の文化に興味があったことに加えて激化する一方の中国国内の受験競争も日本行きの背中を押したと言います。
「中国の大学受験は本当に競争が激しい。自分がどんなに努力しても、それよりもっと努力している人がいる。大学に入るために日本に来たので、こうした静かな環境はいいと思う。満足しています」(尹傳淇さん)

授業では大学入試の対策を徹底的に行い、7年連続で進学率100%を実現しています。実績を上げることで継続的に留学生を確保できるようになり、学校の経営も安定。今では生徒数の減少に悩む各地の学校から問い合わせが相次いでいるといいます。
「日本人の生徒を集めるのは難しい。であるならば中国がいちばん近い国であり、日本の大学に行きたいという留学生たちが来てくれれば学校経営は成り立つ」(馬籠勝典校長)
進む人口減少 自治体も留学生に注目
留学生に注目しているのは学校だけではありません。

全国の80%以上の市町村で日本人が減少する一方、335の自治体では人口が増えています。こうした中には日本人が減ったものの、外国人が増えたことで人口が増えたという自治体もあり、人口減少対策としても外国人の存在感が高まってきています。

人口を増やせ!町が日本語学校を運営
北海道の中央部にある東川町は3年前、町みずからが日本語学校を開設しました。全国で初めての取り組みです。

タイやベトナムなどアジア各国から留学生に来てもらおうと、町が授業料の半分を負担したり、寮の家賃も補助したりと手厚い支援も行っています。さらに留学生全員に、町の商店街で買い物ができるポイントカードを毎月8000円分配布。
留学生からは「東京や大阪より生活費がかからないので東川町を選びました」など好評です。
なぜ留学生?町の狙いは
町がこれほどの手厚い支援をしてまで留学生を呼び込もうとしているのは、財政上のメリットがあるからです。
自治体には人口に応じて国から地方交付税が配分されます。東川町ではおよそ200人の留学生が住んでいるため4000万円を確保できると試算しています。それを財源に高齢者福祉や子育て支援の充実につなげているのです。

松岡市郎町長は「外国人であろうと人が住んでいるということは町にとって極めて大きなメリットがある」と話します。
短期間しかいられない留学生を呼び込むことで人口を増やし、地方交付税を増やすという取り組みに問題はないのか。

総務省は「留学生も住民であり、住民が増えればその分、行政コストもかかるので地方交付税の額が増えるというのは問題ない」ということでした。

一方で課題もあります。今の日本の在留資格の制度では、留学生は母国で大学を卒業しているか、日本語学校を卒業してから日本の大学や専門学校に進学しなければ日本で就職することはできません。

このため留学生のほとんどが卒業後に町を離れてしまい、これまで町に定住した外国人は2人しかいません。

「留学生を呼び込むという入り口のところにいままで重点を置いてきたが、外国人にもできるかぎりとどまってもらい、町の持続を担ってもらうことができるといい」(松岡町長)
広がる外国人への注目 どう対応するのか
外国人の定住に詳しい日本国際交流センターの毛受敏浩さんは「地方では留学生にとどまらず、外国人の移住・定住を進めていこうという動きが出てきている」と指摘したうえで、次のように話しています。

「外国の人たちを今後どう受け入れていくのか、国の制度をしっかり作っていかないと、自治体など現場の対応だけでは無理がある」

人口減少対策が待ったなしとなっている中で、地域の担い手として外国人の存在をどうとらえるのか、日本全体で考えなければならない時期に来ていると感じた取材でした


\(`o'") 巷間の意見>>
………………………………
安倍自民党の移民政策w
それを支持する似非日本人が悪い
………………………………

(´・Д・`) 自民党は似非日本人。野党はもっとだけど…。

(_ _。) 巷間の意見>>
………………………………
そもそも文部科学省がこれに反対しないのがそもそも異常だ
本来廃校にすべき学校がゾンビ学校になって人民の拠点になってる
ゾンビならぬ人民の男子が中国の国家を歌う、そこはもう学校じゃねえ、ただの日本語専門学校だ
子供が1割になった学校はもう諦めて潰してくれ
………………………………

(´・Д・`) 加計は特区にして安倍が熱烈支援。

(`∀´) 自民党工作員の書き込み>>
………………………………
日本の国歌を歌わせない日教組が、中国国歌を喜んで歌わせているw
………………………………

(´・Д・`) どう見ても自民党だろ。


作品紹介
内容の詳細はここをクリック

御陰様で通算ダウンロード40000突破しました!御購読ありがとうございます

画像をクリックすると出版サイトに飛びます
無料お試し版もあります



northkoreaJ

 記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!
 
 人気ブログランキングへ

コメントを投稿