2017年5月21日日曜日

世界ミドル級王座決定で村田諒太がフランスの亀田に敗れる

村田諒太 ダウン奪うも1―2判定負けで世界戴冠ならず
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1495314181/

≪プロボクシングのトリプル世界戦が東京・有明コロシアムで行われ、WBA世界ミドル級王座決定12回戦は12年ロンドン五輪同級金メダリストで同級2位の村田諒太(31=帝拳)が、同級1位のアッサン・エンダム(33=フランス)からダウンを奪うも、1―2の12回判定で敗れ、世界初挑戦での王座戴冠はならなかった。

村田は4回、右ストレートでダウンを奪ったものの、手数が少なかったのが影響したのか届かなかった。ジャッジ3人の採点は111―116、112―115、117―110だった。

村田はプロ13戦目での初黒星。日本人の五輪金メダリストでは64年東京大会バンタム級の桜井孝雄が判定で敗れて以来、53年ぶり2人目となる世界挑戦でも厚い壁に跳ね返された。

村田の通算戦績は13戦12勝(9KO)1敗、エンダムは38戦36勝(22KO)2敗となった。≫

 \(`o'") 巷間の意見>>
………………………………
WBA会長 Gilberto J Mendoza
https://twitter.com/gilberticowba

https://twitter.com/GilberticoWBA/status/865981784181362688
今村田VSエンダムの試合を分析している。

https://twitter.com/GilberticoWBA/status/866010772048105472
私はスポーツにおいて正しい決定ができないことに怒りと不愉快を感じる。

https://twitter.com/GilberticoWBA/status/866011139007709185
私が村田戦を見てのジャッジはこうだ。
110-117で村田の勝ち!

https://twitter.com/GilberticoWBA/status/866011301411262464
まず最初に村田と帝拳ジムと日本のボクシングファンに謝罪する。

https://twitter.com/GilberticoWBA/status/866011492163997697
このような間違った決定でのダメージをどう修復していいか言葉がない。

https://twitter.com/GilberticoWBA/status/866011632945831936
私は協会に再戦を要求する。


http://www.wbaboxing.com/boxing-news/wba-orders-ndam-murata-rematch

WBA orders N’Dam-Murata rematch

WBAは村田戦のリマッチを命じた。
………………………………

(´・Д・`) 要するにフランスから裏金をもらった後日本からももらって2回儲けようと…。

(_ _。) 巷間の意見>>
………………………………
疑惑の判定→会長激オコ→再戦提唱
何かこの流れまでが出来レースに見えるw
………………………………

(´・Д・`) ここでも日本はカモに…。

(‘ё`) 巷間の意見>>
………………………………
ありえなくはない
再戦商法で2度おいしいってやつ
………………………………

(´・Д・`) やっぱ、そう思うよな。

村田の判定「誰に聞いたって勝ちだ」 世界の関係者から疑問の声…帝拳ジム会長、怒り心頭
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1495300671/

≪村田の所属する帝拳ジムの本田明彦会長は判定に対する怒りを口にした。「ひどすぎだ。負けは絶対にない」と声を荒らげた。

試合前は「これだけ注目される中、負けているのに勝ちにされたら困ると思っていた」と日本寄りの判定が下るケースを懸念していたという。

だが試合後は観戦した世界のボクシング関係者から「村田が取られたのはせいぜい1、2回だけではないか」といった声が上がったといい、「(エンダムを支持した)あの2人以外、誰に聞いたって全員(村田の)勝ちだといっていた」といらだちを隠せなかった。

一方で試合途中で採点を公開するWBCと公開しないWBAの違いを挙げ、「楽な展開になったから慎重になった。ちょっと大事に行き過ぎた」と読み違いを悔やんだ。≫

(ι`・ω・´)ノ 巷間の意見>>
………………………………
【村田諒太VSアッサン・エンダム=篠原信一VSダビド・ドゥイエ】

今回のボクシング世界戦は、柔道のシドニー五輪と全く同じ構図である。

【日本VSフランス】まで全く同じだ。

ハッキリと言う。
この様な不正試合が公然と行われる競技など即刻廃止すべきだ。

今回の世界戦は、村田諒太選手の完勝に他ならない。

今回の世界戦において、村田選手は実力で明らかにエンダム選手より格上だった。

村田選手がエンダム選手に負ける要素など微塵も無かった。

エンダム選手の方が手数が多かったと言うが、村田選手はそのほとんどをブロックで防御していた。
その上、パンチの量より質で村田選手はエンダム選手にクリティカルヒットを何度も決めていた。

両者のパンチ力と正確性の差は歴然であり、改めて言うまでもなく村田選手の圧勝である。

村田選手はエンダム選手をダウンさせた後、一挙に勝負を着けられれば最高だった。
だが、ポイントで大差のリードをしていた為、念には念を入れて慎重に成り過ぎた点は否めない。

今回の世界戦が不正試合で無ければ、村田選手は余裕で完勝しただろうが、完全燃焼とは言い難い。

メインイベンターとして試合を盛り上げるという意味においては、反省も残る闘いだった。

今後の課題であろう。

大きな問題があった今回の世界戦に対してどの様な決着を図るのか。
今後のボクシングのあり方が問われている。

ここで関係者が毅然とした対応を取らなければ、ボクシングファンは離れるだろう。
………………………………

(´・Д・`) だから同じネタで二度営業。

(・ω・) 巷間の意見>>
………………………………
亀田のどれかが誰かに判定勝ちしたときも思ったけど
素人が見て勝敗が分かりにくいからボクシングって人気なくなったんじゃないの
………………………………

(´・Д・`) プロレスと同じだったのがばれたからだろ。

ヽ(τωヽ)ノ 巷間の意見>>
………………………………
■エンダム
「12回を戦い終えて村田選手より多くのラウンドを取って勝ったと思った」
「村田選手は右のパンチが強いが、コンプリートな選手ではない。自分はそこをついた」
「彼は若く未来のあるボクサー。将来は王者になる選手だと思う」

■村田諒太
「自分なりに努力してきて、その集大成が今日だった」
「勝てなくて、もう一回やりますと簡単には言えない。気持ちの整理をつける時間が必要」

■本田会長
「ひどすぎだ。負けは絶対にない」

■山中慎介
「ジャッジに対してショック。何を言ったらいいか分からない」
「村田はしっかりブロックして、自分の良さを出せていた」
「僕には正直、理解できないですね。この採点」

■浜田剛史
「採点にはびっくりした。村田はこれ以上ない出来だと思っていた」
「エンダムは手数が多かったけれど、村田はしっかりブロックしていた」
………………………………

(´・Д・`) 日本は裏工作に弱いな。亀田の親父を日本ボクシング連盟会長にするしかないな。
日本のスポーツは朝鮮人が仕切っているからわざと負けるようにしているのかもしれないが…。



記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!
 
人気ブログランキングへ

作品紹介
内容の詳細はここをクリック

画像をクリックすると出版サイトに飛びます
無料お試し版もあります

コメントを投稿