2017年5月15日月曜日

重婚不倫の中川俊直衆院議員「不眠・不安で休養」衆院本会議を全て欠席

経済産業政務官を辞任した中川俊直衆院議員と“密会”女性議員のあきれた議員生活
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1494747288/

≪「自民党 未来のホープ!」の文字に安倍晋三首相とのツーショット写真-。中川俊直衆院議員(47)=広島4区=のホームページに現在もこう書かれている。そして「経済産業政務官 自由民主党衆院議員」とも。だが、これは偽りだ。妻子ある中川氏は4月、週刊新潮で女性との不倫や“ストーカー行為”を暴かれ、経産政務官の辞任にとどまらず、自民党も離党した。ホームページの写真の笑顔はそのままに…。

中川氏の辞任と離党は、不倫による議員辞職や金銭トラブルによる離党、そして失言など数々の不祥事を起こしてきた自民党初当選同期の「魔の2回生」のマイナスイメージに拍車をかけた。中川氏以外の同僚議員はいずれも記者会見などで自ら釈明してきた。

しかし、中川氏は今も記者会見を開いていない。説明は全てフェイスブックだ。不倫が報道されることが発覚した4月18日、新潮発売日の19日、そして28日と3回投稿があった。

18日は「心よりお詫び申し上げます」と切り出し、「家族がありながら、会社員時代からの知り合いの女性に好意を抱き、その方を深く傷つけてしまい、誠に申し訳ない気持ちでいっぱいです。すべて私の不徳の致すところであり、言い訳のしようがありません」と釈明した。

19日は「刑事事件に係ることについては弁明させていただければと思います」と記し、「重婚罪にあたることはしておりません」「ストーカー登録をされたかのような報道がされていますが、そのような事実は一切ございません」と反論した。確か新潮はハワイで結婚式を挙げたような写真は掲載したが、「重婚罪」とは断定していなかったように思うが…。

そして28日は、ついに「中川事務所」が「ご報告」として、「中川俊直は、病院での診断の結果、心因反応で、不眠、不安、身体症状が認められ、しばらくの間、休養が必要な状況です」と“代打ち”投稿している。

中川氏の不祥事を縷々紹介したのは、ゲスな話に興味があるわけではない。中川氏は政務官辞任後に開かれた4月18日、21日、28日、5月9日、11日の衆院本会議を全て欠席している。議員の務めを放棄したわけだ。

衆院議員の歳費は、期末手当や文書通信交通滞在費を含め年間約3200万円にのぼる。もちろん原資は税金だ。中川氏は議員の仕事をしていない。これでは税金泥棒と言われても仕方あるまい。

中川氏が週刊誌で取り上げられたのは今回が初めてではなかった。3月に写真週刊誌「FRIDAY」で自民党の前川恵衆院議員(41)=比例東京=との深夜の“密会”が報じられたのだ。中川氏は同誌の取材に不倫を否定した。しかし、新潮では、前川氏は「元カノ」として登場している。

前川氏はホームページで、新潮とFRIDYの報道について「内容は虚偽であり事実ではございません。中川俊直代議士とは、仕事上で関わることはありますが、それ以外の関係はございません」と全面的に否定している。中川氏の政務官辞任直後も、記者団に「事実ではございません」と語り、中川氏から「関係のない前川議員を巻き込んでしまい、申し訳ない」との謝罪があったことも明らかにした。

その前川氏とはどのような議員か。平成26年12月の衆院選で比例東京の名簿下位で当選した1回生議員で、衆院議員になる前は料理研究家だった。ホームページによると、「食育による地方創生、農林水産業における女性の進出を推進すること等、食の分野を中心に多くの政策を発信している」という。

週刊誌報道への反論がひときわ目立つホームページで、どれだけ「政策を発信」しているのか見てみた。「お知らせ」には日々の活動が掲載されている。しかし、視察や会合出席などの写真ばかりで、活動を説明する文章は見当たらない。いまどきの国会議員の大半が行っているフェイスブックやツイッターのリンクも見当たらない。

実は前川氏、ちまたでは以前から、ちょっとした有名人だった。27年1月の初登院の日、民放のインタビューでアベノミクスや自民党の定数削減方針への見解などを問われ、笑いながら「どうしよう、わかんない」「自民党の方針ってどうでしたっけ」と回答している。インターネット上では「ひどすぎる」「アホ議員」というありがたくない称号を得ている。 ≫

(_ _。) 巷間の意見>>
………………………………
まあ、これほどの下衆を出馬させた自民党の責任。
安倍晋三の責任は重い。
そして選出した選挙区の責任も重い。
どこの選挙区か知らんがこの手のニュースには選出選挙区も載せるべきだろう。

今調べたら選挙区は広島4区。
広島県東広島市出身。日本大学鶴ヶ丘高等学校、日本大学文理学部社会学科卒業。日大卒業後、テレビ東京に入社
………………………………

(´・Д・`) 昔はコメ議員で今はコネ議員。

\(`o'") 巷間の意見>>
………………………………
関連
前川恵・衆院議員、初登院で記者の質問に「わかんなーい、ノーコメント」
The Huffington Post 投稿日: 2014年12月25日 11時40分 JST 更新: 2014年12月25日 11時40分 JST
http://www.huffingtonpost.jp/2014/12/24/maekawa-megumi_n_6379034.html

第188特別国会が12月24日に召集され、初当選した議員43人が初登院した。
うち、比例東京ブロックで初当選した自民党の前川恵氏(39)のインタビューが、
TBS系列の「Nスタ」や「NEWS23」で放映され、ネットで話題となった。

■事務所で「何て言えばいいんですか? 初登院? えっ何?何?」

記者「これからどちらに行かれるんですか」

前川「今からあの…、あ、ごめんなさい、何て言えばいいんですか?」

自民党スタッフ「初登院」

前川「初登院?」

スタッフ「はい、初登院のため…」

前川「のため…」

スタッフ「中央玄関に参ります、と」

前川「えっ何? 何?」

■国会前で「あれ、自民党の方針ってどうでしたっけ?」

(「アベノミクスについて尋ねると」というナレーションに続き)

前川「国民の皆様が、こういう期待、という、アベノミクスに対しての、評価を得たんだと思います」

記者「ただその一方で、実質賃金がすごく下がっているというようなデータも一方であるんですけれども、その点はいかがですか」

前川「それもひとつの課題、だと思いますが、…まあ、…どうしよう、わかんない(笑)」

記者「思うことがあればと思うんですが」

前川「まあ…、コメントは、控えます」

(「議員定数の削減については」のナレーションに続き)

前川「ま、削減、は…、個人的なことですよね? 私は削減もあり、ありだと思います。
あれ、自民党の方針ってどうでしたっけ?」

記者「議員定数が削減されると、比例の議席って減っちゃいますよね。って言われてるんですけども」

前川「(笑)」

記者「その中で…」

前川「わかんなーい(笑)、それ。それはもう、ノーコメントです。
私はもう、『食』って分野で、精いっぱい自分のできることを、やっていけたらと思っているので」

公式サイトによると、前川氏は10代をアメリカ・カリフォルニア州で過ごし、慶応義塾大学を卒業。
料理教室を開講して料理研究家として活動していた。
12月14日投開票の衆院選で、自民党から比例東京ブロックの単独26位で立候補し、初当選した。
………………………………

(´・Д・`) コネ議員でした。

(・ω・) 巷間の意見>>
………………………………
バカでも慶応出て料理教室開けるんだな
………………………………

(´・Д・`) コネ入学ですから。

(‘ё`) 巷間の意見>>
………………………………
だから自民離れた奴でもどんどん復党させてるわけだろ
公募もロクなのが居ないからな
ネトサポ上がりの公募議員なんか公認するよりは古賀誠や野中広務(復党済)のがマシってことだ 
………………………………

(´・Д・`) 日本人の記憶力は鶏並みですから。

離党の中川俊直議員 当面休養へ 心因反応で不眠や不安
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1493570606/-100

(ι`・ω・´)ノ 巷間の意見>>
………………………………
ウェディングドレス写真の不倫相手の前で別の自民党女性議員の不倫相手と
携帯で延々痴話喧嘩始めて目の前の彼女を元カノ呼ばわりしてたとか

人の想像の斜め上を行くアホだぞコイツwwww

自民党ってやっぱり一般社会では何の役にも立たんカスが
ゲスな欲望と上昇志向だけで寄り集まった知恵遅れ互助会だったんだw
………………………………

(´・Д・`) 安倍が頭がよく見えてきた。

( ゚д゚)、 巷間の意見>>
………………………………
休養後も議員を続けるつもりか
有権者舐めんなよ
………………………………

(´・Д・`) しっかり舐めてます。安倍を見習ってます。

ヽ(τωヽ)ノ 巷間の意見>>
………………………………
バカボンの世襲議員だわな!親父が過去に揉み消した事案が有りそうだわね
………………………………

(´・Д・`) 揉み消しのテクは親父譲りか?



記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!
 
人気ブログランキングへ

作品紹介
内容の詳細はここをクリック

画像をクリックすると出版サイトに飛びます
無料お試し版もあります



コメントを投稿