2017年3月28日火曜日

トランプに恫喝されで核禁止交渉に参加できない属国日本

日本、核禁止交渉に不参加 軍縮大使「各国の分断深める」
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1490684897/

≪日本の高見沢将林(のぶしげ)軍縮大使は二十七日、米ニューヨークの国連本部で同日始まった核兵器禁止条約の制定交渉会合で演説し、条約交渉に「建設的かつ誠実に参加することは、困難と言わざるを得ない」と不参加を表明した。交渉に核兵器保有国が参加しないことから「国際社会の分断を一層深め、核兵器のない世界を遠ざける」と不参加の理由を語った。

唯一の被爆国である日本が、核兵器を禁じる史上初めての条約制定交渉に加わらないことに、被爆者らの批判が強まるのは必至だ。

高見沢氏は、核廃絶には「核兵器保有国と非保有国を巻き込んだ現実的かつ実践的な措置の積み上げが重要」と従来の日本政府の主張を説明。「この条約構想に保有国の理解や関与が得られていないことは明らか」と指摘した。

さらに北朝鮮が核実験やミサイル発射などの挑発行為を繰り返していると指摘した上で「禁止条約が作成されても、北朝鮮の脅威という問題の解決に結び付くとは思えない」と訴えた。
二十七日の会合では、条約交渉を主導するオーストリアなどが、核兵器の非人道性に焦点を当て、開発や生産、実験などを法的に禁止する必要性を強調した。

これに対し、米国、英国、フランス、ロシア、中国の核保有五大国は交渉には不参加。米国のヘイリー国連大使は交渉開始に合わせ、声明を発表。「北朝鮮が条約に同意すると誰が信じるのか。われわれは現実的にならなければならない。参加国はわれわれの脅威を理解しているのか」とあらためて反対した。声明発表の場には英仏など約二十カ国の代表者が同席し、核を巡る分断を印象づけた。

◆軍縮大使演説ポイント
◆核保有国が参加しない条約の交渉に、建設的かつ誠実に参加するのは困難。
◆広島と長崎で経験した被爆の実相と核兵器の非人道性への正確な認識を訴えることは日本の使命。
◆国際社会には深刻な安全保障上の脅威があり、核軍縮には現実的な視点が欠かせない。
◆核兵器保有国が参加せずに条約を作れば、保有国と非保有国の分断がいっそう深まる。
<核兵器禁止条約> 核兵器の開発や実験、使用などを全面禁止する条約。核兵器使用は国際人道法に「一般的に反する」とした1996年の国際司法裁判所の勧告的意見を踏まえている。オーストリアやメキシコなどが主導して、交渉開始に向けた決議案を国連総会に提出。米国などの核保有国は強く反発したが、昨年12月の国連総会で113カ国が賛成し採択された。日本や米英仏ロなど35カ国は反対、中国など13カ国は棄権した。交渉は今年3月27~31日と6月15日~7月7日にニューヨークで実施。≫ 

(‘ё`) 巷間の意見>>
………………………………
ロシア、史上最強の核ミサイル「サタン2」の発射試験を実施

ロシアが一発でフランスやテキサス州に匹敵する領域を焦土と化することが可能な超大型核ミサイル
「RS-28 Sarmat」の発射試験を実施したことが24日、ロシア国内紙の報道で明らかとなった。

RS-28は西側では「Satan 2(サタン2)」とも呼ばれている超大型のICBMで、合計15基の核弾頭を 搭載する能力を持ったものとなる。
RS-28にはまた、米国政府が開発を進めている弾道ミサイル防衛システムを無力化する
カウンターメジャーも装備されており、西側の最新の防衛システムを突破して核攻撃を行う能力も有した、この種のミサイルとしては最新鋭のものとなる。

これまでのICBMは、単純な弧を描いた弾道軌道コースの元で、目標地点まで到達する方式を採用 してきたのに対して、RS-28は打ち上げが行われると大気圏上層部で、極超音速飛行のモードに 移行して、目標地点まで飛行を行うという独自の方式を採用したものとなっている。
このサブオービタル飛行コースの場合、米国が開発を進めている、ミッドコース、ターミナルフェーズの どちらの弾道ミサイル防衛においても迎撃を行うことは困難で、ロシアは米国の最終防衛圏を突破して相手国に核攻撃を行うことが可能となることとなる。

ただし、RS-28の飛行メカニズムについては現状、詳細は明らかにはなっていない。
ロシア政府では、来年からRS-28の生産を開始した上で、2018年中に実戦配備することを予定している。
………………………………

(´・Д・`) ロケットもミサイルも構造は同じだからな。

(`∀´) 自民党工作員の書き込み>>
………………………………
核兵器を持つと孤立する

本当か?
インドやパキスタンは孤立したのか?
まあ地政学の事もあるが、確かに日本は孤島になる可能性があるな
中国の属国になるか、自由の国のアメリカのポチとなるかだったら
アメリカのポチの方がよっぽどマシ。
………………………………

(´・Д・`) ユダ金の自由な国だろ。

トランプ米政権、核禁止条約交渉で日本参加に「激しい嫌悪」 日本政府に伝える
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1489644790/

≪今月末に始まる核兵器禁止条約の多国間交渉を巡り、トランプ米政権が「激しい嫌悪感」を示しながら、日本の交渉参加に反対する意思を日本政府に伝えていることが15日、分かった。
複数の日米外交筋が明らかにした。

オバマ前政権も「実践的な核軍縮を阻害する」として、日本をはじめ同盟国の交渉参加に否定的だったが、 トランプ政権の姿勢はより強硬とみられ、日本は難しい立場に追い込まれている。

外務省は交渉参加の可否について「政府全体で検討中」としているが、「日米同盟重視の観点から参加するべきでない」との意見が安倍晋三首相の周辺にある。

参加に意欲を見せてきた広島選出の岸田文雄外相は16日、ティラーソン米国務長官と都内で会談する。
その結果も踏まえ、首相と協議の上、日本の態度を最終決定する見通しだ。

同筋によると、先月の岸田、ティラーソン両氏の初会談で核兵器禁止条約が議論に上り、
日米の外交当局も水面下で意見調整を進めた。
その過程で米側は「激しい嫌悪感を露骨に示す表現」(同筋)を用いながら、日本の交渉参加への反対を表明した。

米政府筋は、日本を含む同盟国の条約交渉参加に反対する米国の立場は一貫していると指摘。
日本政府高官は「禁止条約に対するトランプ政権の態度はオバマ政権時代より厳しい」と語った。

同高官はまた、トランプ大統領が先月の日米首脳会談で「核の傘」の有効性を再確認した経緯から、「日本が交渉に参加すれば同盟関係の中長期的な傷になる」との懸念が日本政府内にあると解説した。

条約交渉は、昨年末に国連総会で採択された決議に基づき今月27日からニューヨークの国連本部で始まるが、米ロ英仏の核保有国は不参加。
中国は2月中旬にあった準備会合に出席したが、参加するかどうか不明だ。

日本は準備会合出席を見送った。≫


(・ω・) 巷間の意見>>
………………………………
日本のマスコミどもは安倍渡米外交を絶賛する扇動記事ばっかり書いていたけどこれが現実w
………………………………

(´・Д・`) 大本営発、安倍内閣支持率増加。

v( ̄∇ ̄)v バカの意見>>
………………………………
とりあえず 米に「じゃあ 日本に核ミサイル売れよ」って言わないと
………………………………

(´・Д・`) ボッタクリ値段で買うより自前で作った方が安いだろ。

ヽ(τωヽ)ノ 巷間の意見>>
………………………………
トランプなら広島の千羽鶴を笑いものにしそう。
………………………………

(´・Д・`) オバマだって…

 ヾ(^ω^) バカの意見>>
………………………………
この際だから核兵器は中国大陸と朝鮮半島で試し撃ちしてやりゃ良いじゃない。更地にしろよ。
………………………………

(´・Д・`) 放射能は全部日本に来るぞ。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!
 
人気ブログランキングへ

作品紹介
内容の詳細はここをクリック

画像をクリックすると出版サイトに飛びます
無料お試し版もあります





コメントを投稿