2017年3月3日金曜日

朝鮮日報「三流国家中国からの嫌がらせ!」盗品を返さない韓国は何流?

【朝鮮日報/社説】「三流国家」中国からの嫌がらせ このような国がすぐ隣にあることも韓国の宿命だ
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1488503578/

≪米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備に対する中国からの報復が本格化している。
習近平・国家主席が公の席で反対を表明したことから、今回の報復行為はある程度予測されていたし、また今後長期にわたり続くことも考えられる。

具体的な例としてはロッテ免税店のホームページが中国からとみられるサイバー攻撃によって一時閉鎖され、
また中国国内の複数のネット通販サイトからロッテが閉め出された。

さらには韓流を規制する「限韓令」、韓国からの輸入品に対する通関手続きの複雑化、両国を行き来する専用機やビザ発給の規制など、
どれもあからさまな報復行為に近いものばかりだ。

また中国共産党の一部宣伝メディアは「断交に準ずる制裁」「韓国企業に罰を与えて懲らしめよ」などと主張し、
最近は「韓国製品の不買運動」まで呼び掛け始めた。どれも通常の国家間の関係では到底考えられない感情的かつ高圧的な態度と言わざるを得ない。

現在、おそらく中国は政治目的の経済的報復を露骨に行う地球上で唯一の国だろう。

尖閣諸島の領有権問題を抱える日本に対しては一時レアアース(希土類)の輸出を制限し、
反体制活動家にノーベル賞を与えたノルウェー(ノーベル賞のうち平和賞だけはノルウェーが授与する)に対してはサーモンの輸入を禁止した。

さらに台湾、フランス、フィリピン、モンゴルなどの国々もさまざまな理由で中国から報復を受けている。

そのため最近は世界で悪名高い中国の報復外交には誰も驚かなくなった。

ただ今回、大韓民国がTHAAD配備を決めたことに対する中国の報復は、これまで以上に執拗(しつよう)かつ長期にわたる可能性が高い。

習主席が直接反対を表明したにもかかわらず配備が行われるため、中国が特段に重視する「メンツ」がつぶされた格好になった上に、
この機会に韓国をてなずける意図があるようにも感じられるからだ。

そのため韓国に損害を与えられるあらゆる分野ですでに報復の方針を決めた可能性もあり、
それが事実だとすれば、今後ロッテだけでなく中国に進出している全ての韓国企業が報復を受けるかもしれない。

中国が大国であることは間違いないが、今回の行動で彼らが考えることややることは三流国家のそれにすぎないことがあからさまになった。
このような国がすぐ隣にあることも、われわれにとっていわば「宿命」として受け入れるしかない。

中国から脅迫を受けている今、われわれに最も重要なことは最後まで原則を貫くことだ。

THAAD配備は北朝鮮の核兵器やミサイル攻撃からこの国を守るためのやむを得ない措置であり、これは他国が干渉できない国家主権に属するものだ。
国として原則を貫けば時に他国の不満を買うことはもちろんあるが、最終的には正しい側の正しさが誰の目にも明らかになるだろう。

また中国が今回のような行動に乗り出すもう一つの理由は、韓国を「原則がなくいつもふらついている国」と見なしているからだ。
そのため韓国はそのような不安定な国でないことを今こそしっかりと示さなければならない。

今回それができなければ、今後も中国にとって気に入らないことがあれば必ず同じような目に遭うだろう。
だからこそ今回はTHAAD配備を迅速に完了させ、直ちに稼働しなければならない。

中国の報復により、今後韓国経済全体が受ける被害はさらに拡大するだろう。しかしそれは決して耐えられないようなレベルではない。
一部中国メディアが指摘したように、韓国企業に制裁を加えれば中国にも損害が及ぶ。

中国は韓国から各種工業製品の部品や素材などを輸入し、これを組み立てて各国に輸出している。
中国に進出している2万3000社の韓国企業がもたらしている雇用もある。

中国にやって来る外国人観光客のうち韓国人は12%と最も多い。つまり中国も韓国への経済的依存度が決して低いわけではないのだ。≫

\(`o'") 巷間の意見>>
………………………………
中国は三流国家
韓国は国じゃないw(無政府傀儡)
………………………………

(´・Д・`) 米国の植民地だから本来韓国に政府なんか入らない。日本もそうだけど…、

(_ _。) 巷間の意見>>
………………………………
>どれも通常の国家間の関係では到底考えられない感情的かつ高圧的な態度と言わざるを得ない。

おまえがいうな

>今回の行動で彼らが考えることややることは三流国家のそれにすぎないことがあからさまになった

おまえがいうな
>政治的理由により貿易を制限しないよう定めた世界貿易機関(WTO)のルールにも完全に反する

おまえがいうな

>そのため今回われわれは中国という国が根本的には不透明な政策を取るえたいの知れない国であることと

 お ま え が い う な

四回も突っ込まないといけないとか
疲れたわ(´・ω・`)
………………………………

(´・Д・`) 一生懸命中国を真似ているんだな。

(‘ё`) 巷間の意見>>
………………………………
>指摘を受けた中国は「一連の報復措置に政府は関与していない」などと弁解しているが、こんな説明を信じる国はおそらくないだろう。

この辺もね
………………………………

(´・Д・`) 一生懸命中国を真似ているんだな。

(・ω・) 巷間の意見>>
………………………………
ここでロッテが土地売るのやめたとか言い出したら、相当面白いことになるな
あとは次期大統領が早々にヘタレてTHAAD配備白紙撤回とか
んで、全く関係ない日本を名指しで非難までやってくれたら最高だ
………………………………

(´・Д・`) 植民地人が宗主国に逆らえるわけないだろ。できるのは日本を非難して憂さ晴らしするだけ。
朝鮮人にとって日本は過去と文化の宗主国。米国は現在の宗主国。中国は心の宗主国。

(ι`・ω・´)ノ 巷間の意見>>
………………………………
そんな三流国民を韓国国土から追い出せばいいのに。中国への輸出も禁止すればいい。相手がどれだけ禁止したってコチラから禁止してやれば真正性は韓国のもの。
ついでに日本への輸出入と渡航も全面的に禁止すべき。そうすれば真正性は韓国のもの。
アメリカが韓国人を追い出し始めたらしいから対抗してアメリカ人を韓国から追い出すべき。そうすれば真正性は韓国のもの。
………………………………

(´・Д・`) 火病ればできるか?

ヽ(τωヽ)ノ 巷間の意見>>
………………………………
中国大使館の前に変な像建てたら中国政府は撤去するだろ 日本が甘すぎる
………………………………

(´・Д・`) 朝鮮人にそんな根性はないだろ。

v( ̄∇ ̄)v 巷間の意見>>
………………………………
韓国が他国市場を開拓したことなど一度ない日本が市場を開拓してそこに便乗しただけ
しかも日本製と嘘をつき販売して利益を得て大きくなったのが今の財閥系
………………………………

(´・Д・`) まあそう言うな。海外の日本料理屋の経営者は朝鮮人ばっかだからな。

(TдT) 巷間の意見>>
………………………………
従北大統領になったらサムスンも財閥解体の憂き目を見るんだろうな
………………………………

(´・Д・`) ユダ金のシナリオではそうなりそうですね。

( ゚д゚)、 巷間の意見>>
………………………………
中国人がアドバイスする朝鮮人の扱い方

・馬鹿に情けをかけてはいけせん。

・日本人は朝鮮人に対して、優しすぎます。それは日本の為によくないことです。
そして、朝鮮人の為にも良くないです。

・朝鮮人は「優しい」と「弱い」の区別が出来ません。
又、「強い」と「悪い」と「正義」の区別も出来ないのです。
だから、朝鮮人と付き合うのはとても厄介です。

・中国人も朝鮮人とは関わりたくありません。しかし、我慢して付き合わなくてはいけない状況です。

・朝鮮人は「対等」と言う概念を知りません。
朝鮮人社会は個人同士、どちらが優位な立場に居るか?それが、最重要な関心事です。

・個人主義の中国人から見ても、異常性を感じる民族です。
この様な社会で生きる朝鮮人は、他人に対する思いやりや慈愛の精神は皆無です。

・従って、日本人が普遍的に持っている「平等感」や「対等」と言う気持ちや態度は、
朝鮮人は敗者の態度に見えてしまいます。

・中国人は朝鮮人の軽薄な精神性を良く理解していますが、日本人は朝鮮人をあまり理解していません。

・日本人は朝鮮人を「まともな人間」だと思い対応しているので、問題が発生するのです。

・中国人から日本人に忠告します。「朝鮮人は犬だと思って付き合いなさい」
それが朝鮮人のためでもあります。謝ってはいけません。

・筋の通らない理屈を言ったら100倍制裁をしなさい。

・感謝の気持ちは、王が家来に褒美を与える様に接しなさい。

・正論や理屈は意味がありません。強制と命令で動かしなさい。

・裏切りに対して、温情は絶対にいけません。

・実行できない無理な命令を出して、出来ない事を責め続けなさい。
………………………………

(´・Д・`) 経験則というやつですね。




記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!
 
人気ブログランキングへ

作品紹介
内容の詳細はここをクリック

画像をクリックすると出版サイトに飛びます
 無料お試し版もあります

チャクラ瞑想術  無料お試し版
コメントを投稿