2017年2月4日土曜日

受講料収入の2.5%よこせ!尻の毛までむしるJASRACが音楽教室から著作権料徴収決定

JASRAC、音楽教室から著作権料徴収へ・・・生徒も「公衆」に当たると判断、著作権料は年間受講料収入の2.5%とする案を検討
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1486137299/

ヤマハや河合楽器製作所などが手がける音楽教室での演奏について、日本音楽著作権協会(JASRAC)は、著作権料を徴収する方針を固めた。
徴収額は年間10億~20億円と推計。
教室側は反発しており、文化庁長官による裁定やJASRACによる訴訟にもつれ込む可能性もある。

著作権法は、公衆に聞かせることを目的に楽曲を演奏したり歌ったりする「演奏権」を、作曲家や作詞家が専有すると定める。
この規定を根拠に、JASRACは、コンサートや演奏会のほか、カラオケでの歌唱に対しても著作権料を徴収してきた。

音楽教室では、1人または数人の生徒と教師が練習や指導のために楽曲を演奏する。
JASRACは、生徒も不特定の「公衆」にあたるとして、この演奏にも演奏権が及ぶと判断。
作曲家の死後50年が過ぎて著作権が切れたクラシック曲も使われる一方、歌謡曲や映画音楽などJASRACが管理する楽曲を使っている講座も多いとみて、著作権料を年間受講料収入の2・5%とする案を検討している。7月に文化庁に使用料規定を提出し、来年1月から徴収を始めたい考えだ。

音楽教室は大手のヤマハ系列が約3300カ所で生徒数約39万人、河合楽器製作所は直営約4400カ所で生徒数約10万人。
JASRACの推定では、この大手2グループに他の事業者も加え、 合計約1万1千カ所の教室があるという。そのうちウェブサイトなどで広く生徒を募集している教室約9千カ所を徴収対象とし、 個人運営の教室は当面除外する方針だ。

(_ _。) 巷間の意見>>
………………………………
堂々としたものですなあ
音楽保護のためとか著作権者に正当に配分とか
もうそういう理由付けもしなくなったのか
………………………………

(´・Д・`) ユダ金配下の売国団体ですからね。

\(`o'") 巷間の意見>>
………………………………
別にJASRACなんて公的機関でもなんでもないんだから音楽著作権団体を新たに作れば良いんじゃないの
………………………………

(´・Д・`) 植民地にそんな権限はありません。

(‘ё`) 巷間の意見>>
………………………………
JASRACはマジでカネの亡者だな
受講料の2・5%ってぼったくりも良いところだろ
一ケタ多いよ。利益の2・5%ならまだ分かるが…

音楽教室のほとんどは、まともな利益を上げていない
最大手のヤマハだって赤字だから財団作ってやらせている
これは、生徒がいずれヤマハの楽器を買ってくれることを期待して
音楽教室自体は社会貢献として行っているためだ

黒字を出しているところでも
人件費、施設費、楽器等の備品費などなど考えれば
利益率はせいぜい数パーセントだろう
仮に経常利益5%だとすると、JASRACの言い分は
「お前らの儲けを半分上納しろ!」ということ
みかじめ料より、まだひどい
………………………………

(´・Д・`) JASRACだって取り分の半分は上納。

(・ω・) 巷間の意見>>
………………………………
JASRAC職員っていい給料貰ってるんだろうな~
………………………………

(´・Д・`) コネでしか入れないぞ。たぶん…。
http://www.jasrac.or.jp/recruit/guide/application.html


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!
 
人気ブログランキングへ

作品紹介
内容の詳細はここをクリック

画像をクリックすると出版サイトに飛びます
 無料お試し版もあります

チャクラ瞑想術  無料お試し版
コメントを投稿