2016年12月26日月曜日

絵柄をパクった韓国コスメ会社W.Labに警告文を送った奈良美智を逆に訴えた朝鮮人根性

芸術家・奈良美智、アウトすぎる絵柄パクリで韓国コスメ会社に警告文を送るも、逆に訴えられる
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1482557406/


≪ポップアート分野で世界的に高い評価を得ている芸術家の奈良美智さんが、韓国のコスメ製品の絵柄があまりにも自分のものに似ているため、警告文を送ったところ、逆に韓国の裁判所に訴えられたとツイートし話題となっています。

奈良さんは「韓国のコスメ会社の製品のなのだけれども、あまりにも自分の絵柄っぽいので、警告文を送ったら、逆に韓国の裁判所に訴訟を提起されました・・・」とツイート。写真を見ると確かに奈良さんの絵柄そっくりです。

続くツイートで、「訴えないことで改心を期待したのだけど、先方は逆に『著作者は会社側』『奈良に損害賠償請求の権利はない』と言ってる」と相手の主張も紹介。
「著作権専門の弁護士さんと相談しながら対応します」「営利主義の会社を責めはしないけれども、僕が問いたいのはその会社よりも、あくまでもデザイナーとその周辺です」とつづっています。

この事態を公表した奈良さんのツイートには、「あれっ 奈良さんぽいー買いたい って思ったら違うのですね!」といった驚きの声や、
「これは酷い。しかも逆ギレされてますやん」といった怒りのリプライが多数寄せられた他、「同じ韓国人として……本当に恥ずかしいです」「韓国人として代わりに謝りたいです」といった韓国人の方の声も幾つか見られました。
なお、奈良さんは「でも、展覧会はまたやりたい in 韓国」ともツイートしており、こうした行為に及んでしまう個の存在に静かな怒りをにじませています。

この製品は韓国のコスメ会社W.Lab(ダブリューラボ)のもの。日本でも人気のブランドなだけに、今後、大きな波紋を呼ぶことになりそうです。≫

 \(`o'") 巷間の意見>>
………………………………
yoshitomo nara@michinara3
韓国のコスメ会社の製品のなのだけれども、あまりにも自分の絵柄っぽいので、警告文を送ったら、逆に韓国の裁判所に訴訟を提起されました・・・。
https://twitter.com/michinara3/status/811814697200533505/
https://pbs.twimg.com/media/C0Qkt4DUAAAUH0N.jpg

コスメ会社W.Lab(ダブリューラボ)の商品
http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1612/22/l_mofignrystmpkr002.jpg

奈良美智氏の作品
http://livedoor.blogimg.jp/atenaman01/imgs/6/2/629c945e.jpg
http://www.nishi19-bn.com/wp-content/uploads/2012/12/lonesome_puppy_02_20121225.jpg
http://www.museums.pref.okinawa.jp/UserFiles/narayositomo.jpg
http://www.book-komiyama.co.jp/bookblog/wp-content/uploads/2016/03/v830-202x300.jpg
http://www.artgene.net/images/event/image9370_3.jpg
https://pbs.twimg.com/media/CGPPrABUAAEvCeC.jpg
http://i22.photobucket.com/albums/b340/stuntman666/AQ06-04_Yoshitomo-Nara-wallpaper_Bi.jpg
https://www.jpf.go.jp/j/project/culture/exhibit/traveling/img/09-3.jpg
https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/236x/6d/01/d6/6d01d6d3be105f6f6b445e0909ac34bb.jpg

………………………………

(´・Д・`) 朝鮮人根性全開ですね。

(_ _。) 巷間の意見>>
………………………………
日本企業の轍は踏まず…サムスンを訴え続けるアップルの覚悟
http://sankei.jp.msn.com/gqjapan/news/140722/gqj14072206300001-n2.htm

米高級紙『Vanity Fair』6月号に載っていた「スマートフォン大戦争」という記事で
書き手のKurt Eichenwaldが、日本企業とサムスンとの間であった紛争を例に、
サムスンのやり方には一定のパターンがあることを
浮かび上がらせている。

サムスンのやり口

シャープとサムスンが争ったのはLCDディスプレイの分野で2007年のこと。
2009年には欧州の法廷でサンスンによる特許侵害を認める判決が下され、サムスン製品のEU域内への
輸入が禁止になった。これと前後して米国の国際貿易委員会でも輸入禁止の判断が下されたことで、
サムスンはようやくシャープと和解している。
ただし、その約2年の間にサムスンは薄型テレビ市場でシェアを大きく伸ばし、
2009年末には世界シェアが23.6%にまで達していた。
一方のシャープはシェア5.4%どまり。試合に勝って勝負に負けたシャープは、その後、会社存亡の危機を迎えるほどの事態に陥った。

プラズマテレビでは、パイオニアが米国でサムスンを特許侵害で訴えたのが2006年、
2008年にはサムスンに損害賠償支払いを命じる判決が下された。
2009年には両社の間で和解が成立したが、時すでに遅し。
2010年、パイオニアはテレビ市場から撤退した。

これらの事例から読み取れるサムスンのパターンはこうだ。
他社の特許を勝手に使い、それを相手から咎められると、「そっちこそ!」と別の特許を引っぱり出して
相手を訴え返し、裁判が長引いている間に市場シェアを抑え、
輸入および販売の禁止が現実的になりそうなところで和解に持ち込む。

『Vanity Fair』では、スマートフォンやタブレットでのAppleとの争いは、その焼き直しである、と断定している。
………………………………

(´・Д・`) サムスンは実質ユダ金の会社だからな。

(‘ё`) 巷間の意見>>
………………………………
日本人に勝訴させたら、裁判官の命が危うくなる。
………………………………

(´・Д・`) それはあるな。

(・ω・) 巷間の意見>>
………………………………
韓国人は恥を恥と思わないからな
こうやってパクりを抗議されると逆ギレしてきよる
………………………………

(´・Д・`) 国が変われば文化や倫理観も違いますからね。

(ι`・ω・´)ノ 巷間の意見>>
………………………………
韓国はな、テコンVというマジンガーZをモロ朴李した野郎が
ウリナラロボット作品のパイオニアって評価なんだぜ?

漫画、アニメ、小説、テレビ番組、お菓子、アイドル、ジャニーズ、
ありとあらゆるものを日本をから朴っているが、
韓国の成功者っていうのは、
誰よりも早く日本で人気の作品を朴ったやつだからな
………………………………

(´・Д・`) 11月11日はパクリの日でしたね。

ヽ(τωヽ)ノ 巷間の意見>>
………………………………
奈良さん、とんだ災難だね。
弁護士がどんだけ頑張っても化粧品会社の主張が有利になるような謎の証言や証拠が次々に湧いてくるだろし、裁判所もそれらを正式な証拠として受理すんだろね。
あの国には正直や公正って概念はなさそうだからね。
………………………………

(´・Д・`) そもそも正義という概念がない。

( ゚д゚)、 巷間の意見>>
………………………………
韓国人って面白いのよ
昔交流掲示板で、韓国人とポッキーとペペロの話をしたんだけど、チョコがかかったビスケット
は世界に普遍的あるもので、ペペロはパクリ商品とチョパーリが言う資格はないとドヤってたのよ。

じゃ普遍的に世界にあるとして、なんでパッケージまでポッキーにそっくりなの?
普遍的にあるなら商品名とそのパッケージと発売年とソースを添えて、最低5か国程度の例
を提示しなさいと言ってやったら、すげー火病って二度と返事来なかったw
………………………………

(´・Д・`) 国民こぞって横車の訓練ですね。
創価学会の嫌がらせとそっくりですね。

v( ̄∇ ̄)v 巷間の意見>>
………………………………
普通にコラボ商品として公然と売り出したほうが儲かりそうなのに
日本のパクリはしたいけど日本人に公然と頼むのは嫌ニダってことなの?
………………………………

(´・Д・`) 中韓の連中は「食べられないものに金を払うのはばかばかしい」と言う感覚なので…。

(`∀´) 自民党工作員の書き込み>>
………………………………
元々は韓国4世紀高句麗古墳の壁画[手博図しゅはくず]にこのキャラクターそっくりの壁画がある。
その壁画を奈良氏が取材に行った時に模倣して作られたのが今回問題になっているキャラクター
よって起源は韓国にありそれを盗んだのは奈良氏の方なのだ
………………………………

(´・Д・`) これはバイトではなく趣味でレスしているな。



記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!
 
人気ブログランキングへ

作品紹介
内容の詳細はここをクリック

画像をクリックすると出版サイトに飛びます
 無料お試し版もあります

チャクラ瞑想術  無料お試し版
コメントを投稿