2016年8月9日火曜日

天皇を「日王」と表記し続ける朝鮮メディア

【天皇陛下「お気持ち」】高い関心も「日王」と表記し続ける韓国メディア “王位から退く”との見出しも - 産経ニュース
http://www.sankei.com/world/news/160808/wor1608080024-n1.html


≪天皇陛下のビデオメッセージについて、韓国では多くのメディアが速報で伝えるなど高い関心を見せた。

聯合ニュースは8日午後3時(日本時間同)すぎ、ビデオメッセージの開始とほぼ同時に、日本メディアを引用する形で「明仁日王、生前退位の思いを込めた映像公表」と速報した。

朝鮮日報(電子版)は、「明仁日王、“王位から退く”と発表」との見出しで速報。ビデオメッセージを通じて「退位の意思を明らかにした」などと伝えた。

中央日報(電子版)は「“2度の手術 体力低下で限界”早期の退位希望」と速報、メッセージの韓国語訳を掲載した。

聯合ニュースは解説記事も配信し、「呼称や新たな日王との関係をどうするのかなど課題が山積している」などと伝えた。

韓国メディアは天皇陛下を「日王」と表記している。≫


\(`o'") 巷間の意見>>
………………………………
日王だの王位だの言ってるのに、「皇室典範」とか言ってるんだぜ
韓国メディアの馬鹿っぷり
………………………………

(´・Д・`) 朝鮮語の限界です。朝鮮人も対処法がなくて困っているみたいです。

(_ _。) 巷間の意見>>
………………………………
2百年も前からまったく変わってないんだよ、朝鮮人というのはww

「沃野千里をなしているが 惜しんであまりあることは
 この豊かな金城湯池が 倭人の所有するところとなり
 帝だ皇だと称し子々孫々に伝えられていることである。
 この犬にも等しい輩を、みな悉く掃討し、四百里六十州を
 朝鮮の国土とし、朝鮮王の徳を持って、礼節の国にしたい
 ものだ。」
『日東壮遊歌』(東洋文庫662)、平凡社、1999年、p396


これは朝鮮人が「友好的だった」と主張する朝鮮通信使の一人で金仁謙
(1763年から1764年にかけて来日した第11次朝鮮通信使)が日本の建築の豪華さ
や華麗さを妬んで書いた日記の一部です。
この朝鮮人の言葉こそが現在でも変わることのない朝鮮人の考え方です。
日本に35年間統治されていた恨みなんて真っ赤な嘘です。
妬み、僻み、劣等感。そして、それから逃れるために日本人に対してひたすら
尊大な態度を示そうとする滑稽なほどの現実逃避wwwwwww
これが千年以上前から変わることの無い朝鮮人の本性なのです。
………………………………

(´・Д・`) 半万年属国の思想ですから。属国としてならば朝鮮は日本の兄です。

(‘ё`) バカウヨの意見>>
………………………………
朝鮮人の頭の中では陛下は
自分は百済の子孫だと言っていて本当は大好きな韓国に謝罪したいし、反安倍でその暴走を止める為に生前退位を望んでいる事になってる
なんなんだあいつら
………………………………

(´・Д・`) 「反安倍でその暴走を止める為に生前退位を望んでいる」は普通に日本人もそう解釈しているぞ。

(・ω・) 巷間の意見>>
………………………………
■チョーセンが 天皇のことを「日王」という理由■

チョーセンは、日本の「天皇陛下」の事を「日王」と言いますね(笑)

…何故でしょうか?


朝鮮は歴史上のほとんどの時期が支那の属国でした。

支那を中心とした序列では、
「王」とは…支那の皇帝に朝貢して、支那の属国の支配者として認められた者を「王」といいます。

歴代の朝鮮王も、支那に朝貢し「王」の地位を認めてもらっていました。
そのために毎年 支那に貢物(女も含む)を献上していました。
朝鮮は支那に贈る美女を選ぶために、国内に結婚禁止令まで出して選別していたほどです。
さらに、支那の使節が来ると、道端で土下座して支那の使節を迎える事を義務付けられていたのが「朝鮮の王」でした(笑)

しかし、日本は支那に朝貢などしていません。
日本は支那の属国になどなった事もありません。

従って、チョーセンが天皇陛下の事を「日王」などというのは、
朝鮮の惨めな属国の歴史を省みて、日本をやっかんでいるだけなのです(笑)
………………………………

(´・Д・`) そのものズバリですね。

ヘラルド経済(韓国語) [日王生前譲位]徳仁皇太子植民支配謝罪するようだ
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1470637205/

「日王が8日の午後3時に公式退位」 韓国報道
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1470615318/


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 

人気ブログランキングへ

作品紹介内容の詳細はここをクリック
画像をクリックすると出版サイトに飛びます
無料お試し版もあります


神霊科学入門 未来紀 悟り

神霊科学入門Raakuten
miraiki2100A悟り







日本超古代史研究上・中・下

joukanchuukangekan
コメントを投稿