2016年6月24日金曜日

トランプ疑惑再燃!地毛は嘘でやはりヅラか?

(。-д-。)ゞ
カツラ疑惑の出ていたトランプ氏、ハゲでないことを証明する 2015/08/28(金)
http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1440743096/

(;´д`)ゞ
≪2016年米大統領選に向け共和党の指名を争う不動産王ドナルド・トランプ氏が27日、サウスカロライナ州で開かれた集会で、自分の頭髪はかつらではないと宣言し、聴衆の女性を壇上に招いて確認させた。

トランプ氏は、壇上に招いた女性に「お会いするのは初めてですよね?」と確認してから、自分の頭髪を触らせた。

女性がマイクに向かって「ええ、確かに」と答えると、トランプ氏は「私はかつらを着けていない。これは自分の髪だ。間違いない」と宣言した。

トランプ氏は以前もテレビ司会者のバーバラ・ウォルターズ氏に髪を触らせて本物であることを確認させていた。
6月には女性を壇上に招いて同じような頭髪チェックを披露している。

しかし27日のニューヨーク・タイムズ紙は1面で同氏のかつら疑惑について報道。
トランプ氏は集会でこの紙面を見せて「決着をつけないといけない」と語り、聴衆の中にいた女性をさして「こちらへどうぞ。調べてください」と指名。
「あんまりかき回さないように。ヘアスプレーは使っているから」とも注文を付けた。≫
(・ω・) 巷間の意見>>
………………………………
加山雄三のコンサートでのネタじゃねーかよ
髪の毛を引っ張るオバちゃんが毎回同じってヤツ
………………………………
聴衆がサクラだろww
………………………………

(´・Д・`) サクラでしょうね。加山雄三は若ハゲで有名。

トランプ氏の髪型そっくりの物体がノルウェーで大量発見され「カツラ工場か?」と驚愕の声が広がる
http://irorio.jp/sousuke/20160418/315529/

≪投稿には「ノルウェーのトロムソには、ドナルド・トランプのヘアがウジャウジャ」とある。

確かに、トランプ氏の髪型を真似たカツラが、一面に敷き詰められているかのよう。

これには「うそ、悪夢の様な光景…」「スゲー」「これぞアメリカ」「えー、何これ?」「どう見てもあの人のヅラ」「彼はこの場所で既に世界征服を成し得ている」と驚愕の声があがっている。≫

(´・Д・`) トランプ氏の髪型というにはちょっと無理がありますね。

ドナルド・トランプの髪型どうしたの?かつらじゃないと発言するけれど・・・ 
http://latest-news1114.blog.so-net.ne.jp/2016-03-05-1

≪おそらく、日本でいうバーコードの髪型と同じメカニズムのようです。
薄くなった頭を隠すために、前にもってきたら、不自然な髪型になってしまったようです。≫

(´・Д・`) 地毛で最大限頑張っているという説です。
金はたんまり持っているので、植毛という選択肢もあるのですが…。

世界の大富豪ドナルド・トランプが明かす、ハゲ隠しの極意 2011年5月13日
http://rocketnews24.com/2011/05/13/%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E5%A4%A7%E5%AF%8C%E8%B1%AA%E3%83%89%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97%E3%81%8C%E6%98%8E%E3%81%8B%E3%81%99%E3%80%81%E3%83%8F%E3%82%B2/

≪資産額は約20億ドル(約1622億円)、世界有数の大富豪であるドナルド・トランプ氏(64歳)が、ついにハゲの隠し方を明らかにした。

アメリカの雑誌『ローリング・ストーン』のインタビューにおいて、トランプ氏は数年間に渡るハゲ隠しの極意を詳しく説明。その方法は以下の通りだ。

まず、洗髪後には、ドライヤーなどは使わずに放置する。つまり自然乾燥だ。完全に乾くまでには約1時間かかるという。その間、トランプ氏はテレビや新聞を読むそうな。

その後、くしを使って慎重に髪をとかす。この時、髪の毛を持ち上げるようにとかし、ボリュームがあるように見せるのがポイントだ。寝かせるようにとかすのはNGである。

そして、慎重に慎重~に、髪の毛を前と後ろに流していく。ふんわりと、デリケートに。こうして出来上がるのが、ハゲているとはとても思えない、大富豪のトランプ・ヘアなのだ。

お金さえあれば大抵のモノは手に入ってしまうこの世の中。だがしかし、世界的な大富豪でも買えないモノ、それは自分の髪の毛なのかも知れない。≫

(´・Д・`) トランプ氏はやはり嘘つきですね。たぶん植毛でしょう。

トランプ氏の「不可解」な髪形、カリスマ美容師たちも困惑
http://www.afpbb.com/articles/-/3075893

≪非公認の伝記によると、1991年に離婚した元妻イバナ(Ivana Trump)さんとトランプ氏は1989年、同氏の髪がきっかけでもめたらしい。イバナさんが薦めた薄毛治療のためのスカルプリダクション(頭皮縮小)手術の執刀医が、施術に失敗したのだとか。

イバナさんのヘアを長年手掛けてきたルイス・リカリ(Louis Licari)氏の言葉を信じるなら、結果トランプ氏は植毛を受ける羽目に陥ったという。≫

(´・Д・`) 藪医者のせいで妻と離婚という悲しい過去が…。世の中、金では解決できない悩みも多いですね。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 


人気ブログランキングへ

作品紹介 内容の詳細はここをクリック
画像をクリックすると出版サイトに飛びます
未来紀 日本超古代史研究 上・中・下 悟り
miraiki2100Ajoukan chuukangekan悟り 
コメントを投稿