2015年2月12日木曜日

舛添都知事がまた売国!韓国ソウルの道路陥没を無償調査し対策技術も横流し?


「日本は教えてくれぬ」道路陥没「東京の100倍」で東京の技術力にすがる韓国ソウル市長の“必死”
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1423708097/-100

≪6日までの日程でソウル市の朴元淳市長が日本を訪れたのに合わせ、東京都は2日、ソウル市と「道路陥没対応業務、技術的協力に関する行政合意書」を締結した。

双方が都市の安全に向けて、お互いに技術を供与するという内容だ。

道路陥没が社会問題となっているソウル市に、東京都が救いの手をさしのべた形だが、日本の道路点検・補修技術は韓国に比べ20年以上進んでいるとされる。

相互協力とは名ばかりの“一方通行”の支援となりかねない。

東京都文京区の地下鉄春日駅前に近い道路を視察した朴市長は、同行した都の幹部に次々質問した。
この道路は昨年、直径約2メートル、深さ40センチにわたって路面が陥没した現場だ。

人や車両への被害はなく、まもなく復旧した都の対応は、今回、訪日した朴市長にとって最大の関心事だった。

近年、ソウル市では下水道の老朽化などが原因とされる道路陥没が毎年約30%のペースで増加。
2010年に435件だったが13年は854件に、14年は1~7月で568件と被害は拡大しつつある。

昨年8月にはソウル市の教大駅付近で、深さ約1メートルの陥没に走行中の乗用車が落ち込む事故もあった。

道路陥没に伴う交通事故は、過去10年で2000件超に上ったとのデータもあり、大きな社会問題となっている。
国道などを含めた東京都下の道路では、毎年1000件程度の道路陥没があるとされる。

だが、都が管理する道路延べ2230キロに限れば、平成26年4月~27年1月末までの道路陥没はわずかに5件にとどまる。

4年以降、都は民間事業者に委託し、地中の空洞を調査。危険個所は補修を行い、陥没を未然に防ぐ取り組みを進めた。
都の道路管理部は「近年の陥没事故は年間10件以下だ」と胸を張る。

ソウル市は市販の地中レーダーなどを用いて地下調査に乗り出したが、技術やノウハウの不足により、めだった成果はあがっていない。
やむなく昨秋、ソウル市は道路の地下空洞調査で高い技術を持つ東京の調査会社、ジオ・サーチに協力を要請した。

昨年12月に同社が主要地下鉄駅付近の道路約60キロメートルを無償調査したところ、わずか4日間の調査で未発見の地下空洞が41カ所発見された。うち18カ所は地表から30センチ以内の崩落リスクが高い空洞だったという。

ジオ・サーチは空洞の分布や、補修の優先順位などを地図に示した報告書を提出した。

これに対し、朝鮮日報は1月2日の社説で「韓国にはそうした作業の設備も技術もない」と自国を批判しつつも、「(日本企業は)正確な大きさや危険性の分析技術については秘密だという理由で教えてくれなかった」と“恨み節”をのぞかせた。

いかに地下調査の技術を必要としているかの証左だ。

結果的にソウル市がすがったのは、姉妹都市の東京都だ。

昨年7月に舛添要一知事が訪韓した際、都市の安全対策や五輪などの分野で協力を進める合意書を締結したのに基づき、道路陥没対応での技術協力を求めたのだ。

2日に締結した合意書では、都が地下空洞の原因把握や調査方法、対応マニュアルの策定についての技術を供与するほか、応急処置や復旧方法についても技術を供与することを決めた。

一方、ソウル市はIT技術により道路陥没の情報をリアルタイムで伝達する技術を供与するという。

ただ、ソウル市のIT技術というのは、ボランティアのタクシー運転手が道路の陥没を見つけた際、カード決済機に設置したボタンを押し、GPS(衛星利用測位システム)で破損情報を集約するという仕組みだ。
発生後に情報を集める仕組みで、トラブルを未然に防ぐものではない。

それだけに、3日の舛添知事の定例会見では、記者から「相互協力だが東京がソウルに学ぶところがあるのか?」との質問も飛んだ。

舛添知事も「道路陥没について言うとわれわれのノウハウが進んでいる」と認めた上で、「得意なところを教え合うようになればと思う」と述べた。

視察を終えた朴市長は「ソウル、東京の両都市で安心・安全を向上させていこう」と述べた。

都市の安心・安全の重要性を否定するつもりはないが、エビでタイを釣ろうという思惑も透けてみえる。≫


バカウヨの意見>>
………………………………
売国クソハゲを早く降ろせ。
………………………………
ハゲ添を選んだ基地外都民は早くリコールしておとしまえをつけんとな

でもなにゆえこのような全く都民の利益にならんことばかりしとんだろうか

こいつのアタマいっぺんかち割ってみんといかんかもな
………………………………

<丶`∀´>  舛添キョッポは自民党推薦ニダ。

情弱の意見>>
………………………………
教えてくれなかった」と“恨み節”をのぞかせた。

この朝鮮人気質が全然理解できない
………………………………

<丶`∀´>  チョッパリがけちって教えないから悪いニダ。教えたら「もともとウリの技術ニダ。チョッパリが盗んだニダ」のお定まりのパターンニダ。
しかし、世界的には、ウリのような行動パターンをとる民族は結構いるニダ。アフリカとかニューギニアとか中東・ギリシャでは似たような反応を示す場合が多いニダ。

巷間の意見>>
………………………………
>秘密だという理由で教えてくれなかった

>道路約60キロメートルを「無償調査」

ただでやらせておいて、何を言ってるんだろう?
………………………………

<丶`∀´>  ウリ語に感謝という概念はないニダ。妹の東京が姉のソウルにつくすのは当然ニダ。
強いて言えば、謝罪と賠償を要求しないのが「感謝」に近いニダ。

情弱の意見>>
………………………………
なんでタダで教えなくちゃならんのよ?
日本は韓国のお母さんじゃないんだよ?
………………………………

<丶`∀´>  情弱非常識チョッパリには困ったニダね。ウリが兄でチョッパリは弟だから、知っていることは兄に全部隠さず教える義務があるニダ。

巷間の意見>>
………………………………
日本じゃなくて業者
たとえ韓国の業者だってタダではやらんだろ、調査だって有料だったに決まってる


ほんと恩を仇で返す体質は民族隅々まで染み渡ってるな。
………………………………
1、「日本は教えてくれない」
2、ソウル市は道路の地下空洞調査で高い技術を持つ東京の調査会社、ジオ・サーチに協力を要請した。
3、同社が主要地下鉄駅付近の道路約60キロメートルを無償調査した。

無償で調査? 経費はどこから出たの? 日本の税金を使ったんじゃないの?
………………………………

<丶`∀´>  業者には東京都が金を渡しているニダ。舛添キョッポの口利きニダ。

情弱の意見>>
………………………………
日本が一方的に技術、費用を韓国に差し出すのを相互協力と呼ぶのか?
これは不平等協力だ。
………………………………

<丶`∀´>  ウリと舛添キョッポの相互協力と考えれば公平ニダ。

巷間の意見>>
………………………………
これ締結直後にはここで言われてたことだもんな
知事の権限っていうのはこういった公共事業に関わる業者には絶大で
いわば会社の消長を握られた形でほぼ強制的に日本企業に技術流せって
脅してる構図だからなこれ
んでその技術は「家のものにだ」で韓国がしたり顔して各アジア諸国で
ダンピング踏まえて使い始めると
ほんといい加減にしたほうがいい
………………………………

<丶`∀´>  アジアやアフリカで有償調査するニダ。儲かるし尊敬されるニダ。ついでに慰安婦像を建てて、チョッパリが建てた援助施設の日の丸を太極旗にすり替えるニダ。

巷間の意見>>
………………………………
道路ってそんな陥没するもんなのか?
専門外だからわからん
………………………………

韓国は
・過去に実施された地下の工事状況を誰も把握していない
・道路の施工技術が未熟
まあ事故は必然だね
………………………………

あと水道管の老朽化放ったらかしで、水道水の3割を無駄にしてるとか
そんだけじゃんじゃん漏れてたらそら陥没もするわ
………………………………
そういえば韓国の水道管の水漏れはすさまじい量だと記事にあったな。
………………………………

<丶`∀´> 放射性廃棄物も混ぜているから少し脆いニダ。水道水が漏れているわけではなく、あれは除染ニダ。

(参照)【韓国】「全く有害ではない」放射能アスファルトを2年間ソウルに放置、市民らに対し隠蔽
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1380449282


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!  <(_ _)>



人気ブログランキングへ
コメントを投稿