2014年4月8日火曜日

紳士服のAOKI詐欺商法発覚!安値で情弱を釣りボッタクリ価格で売りつける卑劣手口

紳士服のAOKI 詐欺行為発覚の顛末 一日限定5名のセット企画商品を、完売したと騙り通常価格で売りつける
http://ai.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1396866062/-100

≪この春大学に進学する学生を宣伝ハガキでつりあげ、セールで謳った企画商品の数を騙ったあげく、通常価格で購入させるというもの。
明らかな詐欺行為である上、景品表示法にも抵触しかねない悪質な手口だ。
問題が発覚したのは、被害にあった学生の父親がたまたまHUNTERの記者だったから。
売り場で「おかしい」と直感し、真相を追及した記者とAOKI側のやり取りの詳細を報じる。

学生の父はHUNTERの記者
大学の入学式を数日後に控えた3月29日、来ていくスーツを買い忘れていたことに気付いた女子学生は、あわてて近所の「AOKI 清水店」を訪れた。
お目当ては、AOKIから送られてきた印刷物にあった《フレッシャーズ限定 スーツも揃う》と謳った「19,000円」の5点セット。
内容は、ブラウス、バッグ、靴、ストッキングにスーツの上下。たしかにお得である。
友人の多くがAOKIでスーツを買ったと聞いていたのも、同店を選んだ理由の一つだった。

ところが、昨日報じたように、このセット企画は『土日祝限定 各日5セット』。世間知らずの女子学生は、この小さな記載には目がいかなかったらしい。
当然、「19,000円」のセット価格で購入できるものと思い込んでいた。

応対した店員は「セットについて説明した」というが、はじめから全部で「19,000円」だと信じている学生には通じない。単なる商品説明だと考えてしまった。
商品が決まり、いざ支払いという段になって、女子学生は驚くことになる。請求金額は「43,640円」。セット価格の2倍以上の額だったのだ。すっかり青ざめてしまった。

たまたまスーツ代を届けに来た父親が、何事かとのぞいたことが、「AOKI」の運の尽きだった。
女子学生の父親はHUNTERの記者。顛末を聞いて「おかしい」と直感した。
あまりの金額の相違に、「手持ちがない」として購入を止めようとしたところ、店員は「入学式に間に合いませんから、一部だけの入金で商品はお渡しできます」という。
印刷物の確認が先だと考えた記者は、20,000円の内金を入れ、娘を連れていったん自宅に帰った。時系列で記せば、次のような顛末となる。

http://hunter-investigate.jp/news/2014/04/post-476.html  ≫ 


巷間の意見>>
………………………………
AOKI終わったな
しょっちゅうやってる閉店セールも詐欺だろ
年に何回閉店してんだよ
………………………………

(T_T) ここは開店もしょっちゅう…。↓

アオキ 閉店セール 守谷
http://orikomio.jp/keyword/%E3%82%A2%E3%82%AA%E3%82%AD%E3%80%80%E9%96%89%E5%BA%97%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%80%80%E5%AE%88%E8%B0%B7/

巷間の意見>>
………………………………
AOKIから回答があった模様
この度福岡清水店でのフレッシャーズスーツ販売におきまして、
ネットでお声をいただいた件につきましてご心配をお掛け致しましたこと誠に申し訳ございませんでした。
内容につきましてご説明させていただきますと、福岡清水店にて平成26年3月29日午後4時半頃にフレッシャーズ限定セット商品(各商品5点で19,000円セット)をお探しのお客様に対して、
当該当店舗では用意してあった5組が全て販売されたと誤認しその旨を説明致しました。
これは当該当店舗のミスによるものでした。
尚、この時点にお客様がご購入された商品は5点で19,000円の限定商品ではなく、上位グレードの商品でした。
弊社では今回お客様にご迷惑をお掛け致したことを真摯に受け止め、お客様のご納得が得られるように謝罪とご説明を行いました。
また個店だけの問題と捉えず、全店を挙げて再発防止に努めて参る所存でございます。

以上ご説明申し上げます。
何卒今後ともご愛顧を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。』

http://textream.yahoo.co.jp/message/1008214/a5a2a5aaa5ada5a4a5sa5bfa1bca5ja57a5ga5ja5k

………………………………

(T_T) 株価も大暴落。

巷間の意見>>
………………………………
AOKI清水店でDM広告掲載の女子学生用スーツ5点セット「19,000円」を購入希望
しかし43,000円以上の支払いを要求される。

――19,000円ではないのか?
店「5点セット19,000円の企画は1日5着分で、すでに本日分は出ております」
――本当に5セット売れたのか?調べて改めて電話しろ。
 
店「改めて調べましたが確かに5セット出ています。好評の企画ですから」
――なら伝票を見せてみろ。伝票はあるんだな?
店「・・・申し訳ございませんでした」
――5着も売れてないんだろ。何着売れたんだ?
店「・・2着です」
―― これは詐欺だろう。学生を騙すのか?
店「いいえ、決して。責任者を呼びますので・・」
―― 絶対許さない。社長と話をしよう。社長を出せ。
店「後日改めて連絡します」

後日、エリアマネージャーと専務が謝罪した内容

当日は、朝から来店者が多く、店長が「各日5セット」となっている企画商品を完売したと思い込んだ。
この時、本来なすべき「伝票」の確認をせぬまま、午後1時頃、店員に「セット完売」を伝えた。
2セットしか売れていないことを確認したのは、記者と売り場責任者が電話をしている最中。
すぐに売り場責任者に事実関係を伝えた。
今回の事案は、店長の誤信によるもので、「騙すつもりはなかった」

………………………………

(T_T) これまでのあらすじでした。

巷間の意見>>
………………………………
最初から表示金額の半額とか2着目1000円とか二重価格の疑いがあるんじゃないの?

仕事しろよ、消費者庁!
………………………………

(T_T) あそこはこんにゃくゼリー以外はダメ。

巷間の意見>>
………………………………
ああ、この手の限定商法は日本では非常に効果的なんだぜ。
一旦説明受けたら、買わないと申し訳ないと思うが日本人だからな。

でも普通は知っているよな。

駅前に、「メロン一個500円」とか書いている胡散臭いトラックが止まって
いて、「500円のメロン下さい」というと100%の確率で「すみません、もう
500円のは売り切れました。1500円の良いのならここにあります(実は800円
ぐらいのやつ)」って商法、一時期関東で流行ったでしょ?
………………………………

(T_T) こんな手口に騙されるおぼこい奴はまだ結構いるんですね。
私も商売替えしようかな。

巷間の意見>>
………………………………
俺も定期的にハガキが届く。スーツ下取り20000万円(ただし定価30000円以上のスーツ購入に限る)との内容。俺、『お、一万で買えるじゃん』
古いスーツを持って、突撃。
案内されると店員『お客様のサイズですとここですね』
見ると20着位しかなく、どれも5万超え。対応も悪く、彼女が他に行こうと言い出し近くのハルヤマへ。
そしたら5着限定2500円スーツが残ってて、普通のスーツと合わせ二着買った。青木のあのハガキはマジでクソ
………………………………

(T_T) ハガキをばらまいてカモを釣り、騙して売りつけるのがAOKIの常套手段ですね。

巷間の意見>>
………………………………
紳士服チェーンのスーツの売り方がおかしい
2着目半額とか2着目1万円とか

2着目は採寸の必要がないから安いらしい
もともと1万円で売っても損しない商品だと知った

………………………………

(T_T) 実はそうなんです。

紳士服チェーンはブラック業界か? コナカ、AOKI、青山、はるやま
http://yukan-news.ameba.jp/20121015-219/

(T_T) 紳士服業界は客を騙してナンボの世界のようです。騙すのが下手な奴は即クビ。

記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!  <(_ _)>



人気ブログランキングへ

コメントを投稿