2014年1月23日木曜日

サッカー地獄!40人のJ選手が続々政情争乱のタイに身売り!日本よりまだ年棒が高い

【サッカー】タイへ移籍する日本人選手が増加、その背景とは
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1390362874/-100

≪タイ・プレミアリーグへの日本人選手流入が止まらない。このオフに、日本代表経験のあるDF岩政大樹(鹿島)がテロ・サーサナ、DF茂庭照幸(C大阪) がバンコク・グラス、MF西紀寛(東京V)がポリス・ユナイテッドに移籍。他にも多くの選手がタイの地へ、次の挑戦の場を求めた。

昨季の時点で既に、タイ・プレミアリーグ、2部相当のタイ1部、3部相当のタイ2部を合わせて40人近い日本人がプレーしていた。磐田、オランダ1部VVVなどでプレーしたFWカレン・ロバートはスパンブリーに年俸4000万円(推定)という好待遇で迎え入れられている。

なぜ、いまタイなのか。大規模デモなどによる政情不安が日々ニュースで流れ、政府が非常事態宣言まで出す緊急事態ではある。だが、経済が活況であるため、 有望外国人選手にはJ2、JFLどころかJ1でプレーするよりも高額の報酬が与えられる。例え、日本と同額または低い額の報酬であったとしても、物価が安 いため想像以上に貯蓄ができるという現実もある。

もともと、イングランド・プレミアリーグなどサッカー人気が高いタイにおいて、現在トップクラブは地元の有力者がオーナーに就いているケースが多く、そのポケットマネーが報酬の上昇を招いている。
例えば、昨季のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)で柏を下したブリラム・ユナイテッドのオーナーはタイの大物政治家ネーウィン氏。本拠地のスタジアムの脇には、チームの移動で使われるチャーター機が離着陸できる空港があるほど、資金に余裕がある。

日本人選手の数は年々増加しているが、実績のある日本人がすぐに活躍できるというたやすい環境ではない。
それなりの報酬が得られる環境であることは世界的に知られてきており、日韓などのアジア勢のみならず、欧州やアフリカから年間1000人もの選手がタイでのプレーを目指し、トライアルを受けるため、競争は激しい。

近年、外国人枠もアジア・サッカー連盟がACLに適用した3人+アジア枠1人に整備された。練習やプレー環境も日本ほど整っておらず、シーズン中に故障すれば、すぐさま契約を破棄されることもあるという。
テレビ中継などの関係で試合日程の変更もザラ。日本にはないタフさが求められることになる。

一方で名門チョンブリのように、元日本代表コーチの加藤好男氏がGKコーチを務め、今季から元神戸監督の和田昌浩氏が監督に就任。日本サッカー協会小倉純 二名誉会長の長男・敦生氏が営業・広報担当を務めるという「日本ナイズ」されているクラブもある。タイ・プレミアリーグが12年2月にJリーグと業務提携 した上に、Jクラブとタイのクラブの提携も進んでおり、日本人がタイでプレーするための環境は年々整備されている。

ただでさえ、経済発展が著しい東南アジアでプレーする日本人選手の数はタイに限らず増加の一途をたどっている。一方でJリーグは2015年からJ1で2ス テージ+ポストシーズン制を採用するなど、厳しい経営環境打破のために次々と策を練る状況。創設20年を越えて「曲がり角」の時を迎えている。
トップレベルの選手の報酬や環境は当然、日本の方が上ではある。それでも、現状を比較すれば、日本でチャンスを得られない選手がタイを目指す傾向は今後も続きそうだ。≫

巷間の意見>>
………………………………
タイ代表は昔は強くて、日本は東南アジアカップに参加させて貰ってた
ドーハの悲劇の時代も強豪タイと評されていた
一変するのはJリーグが出来てから
日本は世界を目指す事となり、急激に東南アジアを下に見るようになり
それから20年あまり忘れられていたが
タイリーグが年金リーグとして復活しようとしている
タイ代表も強くなるだろう、なんか楽しみだなぁ
………………………………

(^_^;) なるほど、判りやすい説明でした。

巷間の意見>>
………………………………
良いことだ
野球は日本でダメだと引退するしかないが
サッカーは世界中に仕事場がある
………………………………

(^_^;) まあそうですね。二流なら野球は在日が韓国行く程度。

巷間の意見>>
………………………………
岩政なんて実力的にはまだJ1でスタメンでやれたのにな
なまじ給料高くて手を出しづらかったんだろうか
………………………………

(T_T) そのくらいの鮮度がないと買い手が…。

巷間の意見>>
………………………………
もし駄目でも、ムエタイ選手に転向するというつぶしもきくしな。
………………………………

ムエタイなんてチャンピオンの歴代最高ファイトマネーが100数十万円の貧乏スポーツだぞ。
タイも経済発展してきて若者のムエタイ離れも進んでいる。
タイのGDPは20年前の倍以上だが、ムエタイの市場規模やチャンピオンのファイトマネーは20年前より下がってる。
………………………………

経済成長してくると
そういう格闘技系は斜陽になっていくからな
ハングリー精神が必要だから
豊かさに慣れていくとどうしても強さが失われてしまうからな
………………………………

(T_T) ムエタイなんかボクシングに転向させてランクをでっち上げ亀田の相手をするくらいしか…。

巷間の意見>>
………………………………
インドネシア人がインテルのオーナーになる時代なんだよ

タイ人のJリーグオーナーが出てきてもいい頃だろう
………………………………

外国人投資家からみて残念ながらJに投資するメリットはないだろ
世界的知名度があるクラブもないし、投機目的にもならない
………………………………

金銭的にはそうだけどルール的に無理
外資が参入するのは厳しく規制されてる

そして外資規制を取っ払うと東南アジアより先に中韓が乗り込んでくるのは間違いなく
ルール作りが難しい
………………………………

(T_T) タイリーグに漏れた連中はカンボジアリーグに期待。日韓の関係と似ているので…。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!  <(_ _)>



人気ブログランキングへ

コメントを投稿