2013年5月15日水曜日

猛毒中国産食品リスト!冷凍あさり・焼き鳥・きくらげ・清涼飲料水・キムチetc


「安さにつられてはいけない」猛毒中国産食品、135品リスト
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1368479054/-100

≪中国の大気汚染物質「PM2・5」が日本に深刻な影響を与えているが、脅威はこれに留まらない。
毒性の強い農薬や食中毒を引き起こす細菌まみれの中国産食品が「検疫をすり抜けて国内に入ってきている」(専門家)という。

ヒ素にカビ毒、大腸菌。果ては猛毒の農薬も…。厚生労働省の「輸入届出における代表的な食品衛生
法違反事例」を基に本紙がまとめたのが別表だ。

検疫検査の際、禁止された農薬の使用や適正量を超えた食品添加物の含有、有害な病原体による汚染など食品衛生法違反で摘発された事例を集めたもので、中国産食品の汚染のすさまじさを物語っている。

冷凍あさり(むき身)」からは「下痢性貝毒」、「冷凍焼きアナゴ」からは「大腸菌群」が検出された。食肉製品の「焼き鳥・つくね串」などにある 「E.coli」(イー・コリ)とは「Escherichia coli」(エシェリヒア・コリ)の略で大腸菌の学名を指す。まさに不衛生極まりない。

検査機関で分析される中国産食品。マンパワー不足もあり、すべてをチェックできない状態が続いている

「きくらげ」など複数の乾燥食品に含まれていた「二酸化硫黄」。『食品のカラクリ6 輸入食品の真実!! やっぱり危険!? 「中国産」の知られざる実態』(宝島社)などの著書がある食糧問題研究家の小倉正行氏がこう解説する。

「食料品の見た目をきれいにするために使われる漂白剤に含まれる物質だ。基準値を超えて摂取すると、気管支の障害やアレルギー性の異常過敏反応などを引き 起こす危険性がある」。水で戻すと漬物になる「フリーズドライキムチ」に入っていた乳化剤「ポリソルベート」は、安全性に疑問が残るため日本では使用が禁 止されているが、中国では入れ放題という。

「清涼飲料水」などに使用された保存料「安息香酸」にも危険は潜む。
「基準値を超える量を摂取するとアレルギー症状を起こすとされる。

事例のなかで「最も危ない」と小倉氏が指摘するのが、「ナッツ類(くるみ)」などに含まれていた「アフラトキシン」。発がん性が非常に高いカビ毒で、微量を摂取しただけで、肝臓がんを発症する恐れがある。

2008年に日本で発生した「中国製毒ギョーザ事件」では、食べた10人が中毒症状を訴え、1人が一時重体に陥った。中国国内の生産工場で従業員が、有機 リン系の殺虫剤「メタミドホス」をギョーザに振りまいたためだったが、その際、同じ有機リン系の殺虫剤「ジクロルボス」も検出された。

このジクロルボスが「小豆」から見つかっている。摂取すれば、下痢、吐き気をもよおし、最悪の場合、死に至る。

「『生鮮セロリ』などから出た『クロルピリホス』も有機リン系の農薬で、ジクロルボスと同様の毒性がある。微量でも中毒症状が出て、大量に摂取すると呼吸困難を起こして死ぬケースもある。

『生鮮未成熟サヤエンドウ』からは、『シペルメトリン』が出ているが、これも殺虫剤の一種で人体に有害なのは言うまでもない」≫

輸入届出における代表的な食品衛生法違反事例
http://www1.mhlw.go.jp/topics/ysk_13/tp0419-1q.html

巷間の意見>>
………………………………
支那産の食品で安全なものがあるのか?
………………………………

(-_-) 水や空気も含め「ない」と考えるべきです。
中国の上流階層は全て輸入物に頼っています。

巷間の意見>>
………………………………
国産椎茸の値段と中国産の値段とか全然違うからな・・・
ピーナッツもしかり
まず国産の値下げをしてくれよ・・・
………………………………

(-_-) 人件費を下げて農薬漬けにしろと言っているようなもの。

巷間の意見>>
………………………………
中国駐在員の知り合いが帰省したんで、先日一緒に飲んだんだけど、
中国産、中国製の食べ物は可能な限り口にするなって本気で力説してた。
………………………………

(-_-) 現場を見ていればそれはそうでしょう。日本の外食チェーンのアルバイターも…。

巷間の意見>>
………………………………
数千、数万人の死亡事故が中国内で起きるまで変わらないんだろうなあ
同規模の事故が国外で起こっても、中国人は気にしないだろうしな
「中国に嫉妬している」とか言うだけだし
………………………………

(-_-) 特定食品で数千人単位の死亡事故など日常茶飯事なのでは?

巷間の意見>>
………………………………
アトピー性皮膚炎の原因が殆どコレなんだっけな
………………………………

(-_-) 「輸入届出における代表的な食品衛生法違反事例」を見れば判るように、中国産には限定しませんが、国産も含めて食品にはやばい添加物が多すぎです。

巷間の意見>>
………………………………
>有機リン系の殺虫剤「メタミドホス」をギョーザに振りまいたためだったが

なんで、そんなことしたのよ?

つか、この報道、日本であった?
………………………………

(-_-) 確か、会社の対応に頭に来た従業員が嫌がらせでやったことになっていたと思います。当時は結構報道もされていました。
しかし、製造現場での殺虫剤使用はパッキングした冷凍食品の中から虫が湧いて出ないように日常的にやっているようです。当然食品が汚染されてしまう可能性もあります。
中国のことだから意図的に添加している可能性もあり。

バカの意見>>
………………………………
円安で中国産が値上がりし国産との価格差が相対的に下がる
アベノミクス万歳、国産を食べて経済に協力しようぜ
………………………………

(^_^;) 本当におまえはバカだなあ。
とんちんかんすぎる内容だから工作員じゃないだろう。
どこの何奴が危険な中国食品を日本に引っ張ってきたのか、頭が働かないな。

巷間の意見>>
………………………………
≪問題の背景には、中国の生産者の低いモラルと拝金主義がある。中国公安省は2日、キツネやネズミの肉を牛や羊の肉と偽って販売するなど食肉偽装に絡む犯罪で900人以上を逮捕したと発表した。利益追求が偽装の主な理由だった。

『中華バカ事件簿』(扶桑社)の著書で現地事情に詳しいジャーナリストの奥窪優木氏は「自分さえよければ相手など関係ないのが彼らの基本姿勢で、自分の口にさえ入らなければ、どんな危険な食品を作ってもいいと思っている。衛生管理もおざなりで平気で不正も働く」と明かす。

奥窪氏によると、中国の地元住民でさえ自国の食品を避ける傾向にあり、飲食店の衛生環境も悪いため、自炊する住民は多いという。「従業員は自分の口に入る まかないを作るときだけはきちんとする。だから店で出すものより安全でおいしいと言われている」(奥窪氏)というから笑えない。≫

おいおい、その危険な中国産を輸入しているのは誰でその危険な輸入食品をしっかり検査せずに日本に入れているのは誰だ?

結局、日本の企業が輸入し、日本政府が見逃しているのだ
それのどこが中国人よりモラルが高い状態なんだかわからないよ
………………………………

(^_^;) キツネの肉なんか珍味のような気もしますが、雑食性で不潔なものを見境なく喰いまくっているので、肉もかなり汚染されている可能性があります。

記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!  <(_ _)>

人気ブログランキングへ

コメントを投稿