2013年3月23日土曜日

対米隷従売国安倍政権が「クビ切り自由化法」制定に着手


【安倍政権】 安倍首相は“クビ切り自由化法”制定に動き出した 雇用制度改革会議、議論の中心は「金銭解雇ルール」の創設
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1363917759/-100

安倍晋三首相の賃上げ要請に、「アベノミクスに協力する」といち早く打ち出したのはローソンの新浪剛史・社長だ。
同社は社員の年収を3%(平均15万円)引き上げることを決めた。
政府側は「大変ありがたい」(甘利明・経済再生相)と持ち上げたが、今のところローソンに続いたのはセブン&アイ・ホールディングス、ファミリーマートなど、業績のいいコンビニ業界などにとどまっている。

実はこの会議では、とんでもない労働法制改革が話し合われている。

さる3月6日、産業競争力会議の「雇用制度改革」分科会の第1回会合が開かれた。
そこで議論の中心になったのが、経済界の悲願である「金銭解雇ルール」の創設だ。

「日本では企業が社員を整理解雇する場合には4要件と呼ばれる厳しい制約がある。
産業競争力会議でテーマになっている金銭解雇ルールとは、企業が『転職支援金』などの名目で一定の金額さえ支払えば自由に社員のクビを切れるようにするも ので、実現すれば、サラリーマンはいつ会社から『辞めてほしい』と通告されるかわからない不安にさらされることになります」

この雇用制度改革は安倍首相にとって6年前に失敗したいわくつきの政策だ。
厚労省は第1次安倍政権下の2007年の労働契約法制定の際、「年収の2倍程度」以上の補償金を支払うことで解雇をめぐる労使紛争を解決する規定を盛り込む方針だったが、参院選の敗北で叶わず、その後、民主党への政権交代で議論はストップしていた。

政権に復帰した安倍首相はサラリーマンに賃上げの夢を振りまく一方で、「産業競争力強化」の名の下にいよいよその“クビ切り自由化法”制定に動き出したのである。≫

巷間の意見>>
………………………………
まずは在日と創価と統一教会の公務員をクビにしろ
………………………………

(^_^;) おまえは馬鹿か?それらが安倍ちゃんの支持母体だろうが…。

巷間の意見>>
………………………………
正社員をどんどん解雇して竹中の会社から派遣を受け入れろって事ですね
………………………………

(^_^;) そういうことですね。

巷間の意見>>
………………………………
これによって、公務員を半減できる。

公務員さえ半減すれば、納税額は60%減少する。
………………………………

(^_^;) 消防車や救急車も半分になるわけだが…。
バカの戯言の相手をしても仕方ないが…。
大体、おまえなんか税金納めてないだろう?

巷間の意見>>
………………………………
でリストラ緩和して労働者になんの特があるんだ?
消費促すどころか、更に控えるようになるってことぐらいは馬鹿でもわかるだろw
馬鹿なのか?
………………………………

(^_^;) 馬鹿はおまえ。安倍ちゃんが最初から消費を促すことなんか考えているわけないだろう。
庶民の懐から金を吐き出させることは考えているけれど…。

巷間の意見>>
………………………………
最低賃金撤廃とか来るんだろーな
国内製造業の競争力が労働者への保護が手厚すぎて無くなってるのが問題で
シナ蓄の研修生受け入れとか、移民計画とかはそれをクリアする為のものだった訳だが、
そもそも研修生・移民だから国内の労働基準法守らんでもええって考えが不誠実だし、
治安の悪化とか安全保障上の問題も抱える事になる。
結局、労働基準法を緩める方が理にかなってるわけだ、緩めないと全体として
国内の製造業の空洞化が進んでかえって失業者が増えるという現実もあるし、
解雇ルールはその方向での第一歩だろうなw
………………………………

(^_^;) 手順は決まってますからね。

巷間の意見>>
………………………………
>1000万円の転職支援金
この支援金の30%は、退職者ではなく転職支援会社に支払われる。

転職支援会社って、机を準備するだけの簡単なお仕事。利益率が高い。
大企業の事務所で、正社員は10%、残りはいつでもクビを切れる派遣、そうするには、今の社員の多くを解雇する必要がある。

好景気になっても、その恩恵を受けるのは、この大企業の10%の正社員だけ。
階層化だけでなく、上位階層への富の寡占化が進む、これがグローバル化、強くて美しい日本。
………………………………

(^_^;) これで暴動が起きなければ、日本人は本当にお人好し。

記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!  <(_ _)>

人気ブログランキングへ

コメントを投稿